再入札のミャンマー新空港建設、日揮などに優先交渉権…決定していた韓国企業と決裂(ZUUonline)

ミャ ンマー運輸省は29日、同国最大都市ヤンゴン郊外に計画されているハンタワディ国際空港建設事業で、総額15億USドル(凡そ1,600億円)に登る大型 契約の優先交渉権を日揮を含む企業連合に与えたと発表。今年2月に、同空港の開発事業を受注していた韓国企業との交渉が決裂していた。

 ミャンマーの情報サイト『Myanmar Times』によると、ミャンマー運輸省民間航空局はシンガポールのヨンナム・ホールディングス、チャンギ・エアポート・プランナーズ・アンド・エンジニアーズそして日揮による企業連合を空港建設業者として選出。 同空港は、ミャンマー近代化事業の一環として現在進行している三つの空港建設事業の中でも最大となり、将来の主たる玄関口としての利用が期待されている。

 昨年8月には、韓国の仁川国際空港公社による企業連合が受注していたが、同社の提案に対して政府が受け入れに難色を示したため、その後再入札となった。

 民間航空局の発表によると仁川国際空港公社の提案は、民間航空局が設定した年間1,200万人を下回る1,000万人を目標としており、またプロジェクトのファイナンスにおいても多くの問題があったとされている。
(引用ここまで)

 あざっーす。
 今年の2月に韓国のJVと交渉が決裂して、それがそのまま次点だった日本とシンガポールのJVに移行したってことですね。

 これまでのパターンだと……

韓国「空港できました。1000万人が使える国際空港ですよ」
ミャンマー「いや、オーダーしたのは1200万人規模なんだけど」

 ……って完成してからなっていたという安物買いの銭失いだったのですが。
 ま、世界も学習しているってことでしょう。
 その学習から外れたUAEはどうなることやら。

 あとはプロジェクトのファイナンス……また韓国の銀行規模の問題があったということですかね。
 ま、メガバンクがない国なのでしょうがない。
 トルコの原発事業と一緒でそれを言い訳にするとよいと思います。