燃費誇大表示の現代自と起亜、最大の制裁金支払いで米当局と和解(ロイター)
韓国の現代自動車(005380.KS: 株価, 企業情報, レポート)と傘下の起亜自動車(000270.KS: 株価, 企業情報, レポート)は、自動車の燃費性を誇大表示して販売したことに対し、1億ドルの民事制裁金を支払うことで米当局と和解に達した。この種の和解金額としては過去最大という。

和解相手は米環境保護局(EPA)とカリフォルニア州大気資源局(CARB)。
ホルダー米司法長官は「この和解は世界の自動車メーカーに法律順守の義務があるという重要なメッセージに送るものだ」と話した。

和解の対象は120万台の乗用車とスポーツ多目的車(SUV)に及び、現代などは将来の法令違反防止費用に約5000万ドルを投じるほか、推定で2億ドルを超える排出権クレジットを喪失する。
クレジットがはく奪された分の温室効果ガス排出量は、43万3000世帯を超える家庭用電力の発電分に相当する。
(引用ここまで)

 他の報道では1億ドルの和解金だけでしたが、ロイターによると2億ドル分の排出権クレジット喪失、および将来の法令違反防止費用が5000万ドルの計3億5000万ドル。
 これに加えて、一昨年に訴えられていた燃費偽装に関する集団訴訟の和解金が4億ドルと去年の年末に決まっています。
 あとは自主的にやっている購入者への支払いも年8000万ドルほどありましたね。これがすでに3年分。
 まあ、ざっと見繕って10億ドルってところかな。

 クレジットカードのCM風にいうと……

 支払わされた現金:10億ドル
 失ったブランド力:プライスレス

 って感じですか。

 ヒュンダイ自動車は「日本車よりも安いのに同等レベルで燃費がいい」というイメージを作り上げていたのですが、その根拠が嘘でしたっていうものですから。
 人の命こそかかっていませんが、これもまた別の形のセウォル号なのですよね。

 うわべだけで実が伴わない。
 うわべだけを取り繕うことに全力を尽くす。
 で、化けの皮がはがれて自らの価値をマイナスにする。
 その繰り返しばかりの国なのです。