韓日は大切なパートナー 課題の解決を=朴大統領(聯合ニュース)
  ↓
韓日協力委が共同声明採択できず、産経問題などで
(朝鮮日報)

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は6日、ソウル市内で開催された第50回韓日・日韓協力委員会合同総会に祝賀メッセージを送り、「韓日両国は価値を共有する隣人であり、共に未来を開くべき大切なパートナー」と述べた。

 朴大統領は「両国間には解決すべき問題が少なくないが、韓日関係に対する格別な関心と経験を持つ方たちが積極的に活動する協力委員会が、こうした問題を 解決していく上で大きな力になると信じている」と強調。両国国民の相互理解と交流協力の増進に寄与してきた委員会に感謝の言葉を伝えた。
(引用ここまで)
     ↓
ソウル市内で6日行われた「2014年韓日(日韓)協力委員会合同総会」が、旧日本軍の慰安婦などの懸案をめぐる韓日両国の見解の差のため、共同声明の採択もできないまま終わった。同委員会で共同声明を採択できなかったのは、1969年の発足以来初めてのことだ。

 協力委員会の関係者は「慰安婦問題や産経新聞の前ソウル支局長の起訴問題についての見解の差が大きく、そのため共同声明の採択に至らなかった」と語った。
(引用ここまで)

 パク・クネ大統領の「日韓は価値を共有する隣人〜」っていう祝賀メッセージがちょっとだけ話題になりましたが。
 そんな中、第50回という記念すべき日韓協力委員会でも共同声明すら出せない状況となってまいりました。
 違いを違いとして認めることがようやくできるようになってきたってところでしょうか。
 韓国にとっても日本に悪くない話だと思うのですけどね。

 来年は日韓基本条約が結ばれてから50年。
 でも、別に50年だからなにをするってわけでもない。無理をして記念式典とかする必要もなし。
 その前振りになったんじゃないかなと。
 「去年の日韓協力委員会でも共同声明すら出なかったでしょ?」って言うことができるようになったわけです。