中・日首脳会談で韓中「歴史同盟」に亀裂生じる可能性(朝鮮日報)
中・日首脳会談で雪解け? 新たな火種になる可能性も(朝鮮日報)
日本の対韓包囲網、対応迫られる韓国外交(朝鮮日報)
「日本が韓国に対中国並みの誠意示せば首脳会談できた」(朝鮮日報)

  大統領府の関係者は「日本が(中国に対する誠意と)同じぐらいの誠意を韓国にも示していれば、今回おそらく韓日首脳会談が実現しただろう。日本が韓国にそ のような(靖国不参拝のような)切り札を出せないのだから、中国に対しても切り札を出すのは難しいのではないか」との見方を示した。
(引用ここまで)
ソ ウル大学のチョン・ジェソン教授は「両国が首脳会談で、さらに実質的な関係の進展を遂げれば、「韓中対日本」という構図を維持してきた北東アジアの「歴史 同盟」に亀裂が生じる可能性がある」と述べた。朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は就任以来、いまだに安倍首相と首脳会談をしていない。
(引用ここまで)
  日本は今年に入り、さまざまなルートを通じて、韓日首脳会談を要求してきた。中国の台頭に対抗し、韓米日3カ国の協調を目指す米国も行き詰まった韓日関係 を懸念している。しかし、韓国政府は「過去の歴史問題に対する日本の誠意ある態度が先決だ」との立場を強調してきた。国民感情から言って当然なことだが、 中国との歴史問題における強固な協調体制が維持されているという信念がかなり作用した結果だった。

 これに対抗し、日本は米国など国際社 会に向かって、韓国の「狭量さ」が韓日関係行き詰まりの原因であるかのように宣伝してきた。こうした状況で中国が日本との首脳会談に同意したことを受け、 日本はこれまでの外交宣伝をさらに強化できる余裕を得た。中日首脳会談が「儀礼的な水準に終わる」という韓国政府の予想に反し、実質的な成果を上げた場 合、問題はさらに大きくなる。強固な米日同盟を背景に北朝鮮と中国に接近してきた日本の「対韓包囲戦略」がある程度成功したことになるからだ。
(引用ここまで)

 こういう時はあれかな、こう言えばいいのかな?

「効いてる効いてる」

 で、いいのかな。

 しかし、「日本による対韓包囲網」とか片腹痛いですけどね。
 日本がやっているのは「イアンフガー」って叫んでいる韓国政府を、避けているだけですわ。
 別に包囲網とか作っている覚えはありませんけど。

 もしも、現状で包囲網を形成されていると感じているとしたら、それは韓国が自縄自縛でそうなっているというだけですよ。
 アメリカに対して「AIIBには入りませんでしたよ!」「PAC3買います!」って叫ぶ。
 中国に対して「日本の集団的自衛権反対!」とか叫ぶ。
 で、日本に対しては「イアンフガー」「レキシニンシキガー」と。

 コウモリ外交やってて自分の行動で勝手に孤立しているだけで、日本は遠くから「おー、またなんかやってるわ」と眺めているだけなのですけどね。
 要するに外交的な価値において「無視してもそれほど支障がない」ていどの国なので、無視されている。

 韓国がまるで日米中と同格であるかのように振る舞いたがるのはまあ自由ですが、他の国がそう扱わないのも自由なのですよ。
 日本の対韓包囲網、ねえ。