セウォル号船長に懲役36年 殺人罪認めず=韓国地裁判決(聯合ニュース)

 韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、乗客を救助せずに船を脱出したとして殺人罪などに問われた船長のイ・ジュンソク被告(69)ら乗組員15人の判決公判が11日、南西部の光州地裁で開かれた。裁判所はイ被告に懲役36年を言い渡した。

 裁判の焦点となった殺人罪については、イ被告に無罪を、機関長には有罪を言い渡した。

 検察側は論告で、イ被告が乗客らに船室で待機するよう船内放送で指示し、救助措置を取らずに船から脱出したとして殺人罪が成立すると主張。これに対し、イ被告は乗客が死んでも構わないとする「未必の故意」を否定していた。

 判決は「検察が提出した証拠だけでは、船長が自らの行為で乗客らを死亡に至らせるとの認識を持っていたとみるのは難しい」と説明。遺棄致死罪や船員法違反などの罪だけを認めた。

 機関長には殺人罪を認め、懲役30年を言い渡した。ただ、乗客の救助措置をしてないことではなく、けがをした乗組員に適切な措置を取らなかったことに対する「不作為による殺人」とした。そのほかの乗組員には懲役5年から20年の刑が言い渡された。

 遺族らは判決に強く反発。裁判の傍聴席からは「(修学旅行中の)子どもたちが何人亡くなったと思っているのか」「(あまりにも刑が軽く)むしろ釈放してほしい」の声も飛んだ。
(引用ここまで)

 殺人罪で起訴されていたのですが、そちらでは無罪。
 で、こんなこともあろうかと思って遺棄致死罪も適用されていたので、そちらでは有罪で懲役36年。
 で、機関長は「未必の故意」が認められて、懲役30年。
 こちらも乗客に対するものではなくて、負傷した乗組員を見捨てたから。

 いろいろ微妙。
 パク・クネが「これは殺人にも等しい」って宣言したこともあり、国民的感情から殺人罪が適用されたのですが、そちらでは無罪。
 その一方で遺棄致死罪では有罪で懲役36年。
 ま、実質無期懲役ですかね。

 パク・クネから司法が独立しているということを見せつつ、国民的感情を満足させるための判決……という感じでしょうか。
 韓国の司法は日本以上にヒダリに牛耳られているので、そのあたりの事情も作用しているのかも知れません。