内紛テコンドー、反対派が新団体設立(ニッカンスポーツ)

 内紛が続く全日本テコンドー協会で、現体制反対派を中心に福島や宮崎など11道府県の代表が新団体「全日本テコンドー連盟」を設立したことが13日、分かった。

 現在は同協会が、国内の統括団体。新団体は同協会に代わり日本オリンピック委員会(JOC)や日本体協への加盟を目指す。

 新団体は「現体制で正常な発展はあり得ない。新団体でしか活路を見いだせない」と主張する。テコンドーでは過去にも国内統括団体の内紛や分裂があり、派 遣が危ぶまれた2004年アテネ五輪では00年シドニー五輪銅メダリストの岡本依子が特例で個人参加した例がある。リオデジャネイロ五輪を2年後に控え、 今回の分裂が再び強化に影響する可能性もある。

 全日本テコンドー協会はことし4月の総会で公益法人の返上を決めて内閣府に申請。その後、取り消しとなった。返上に反対していた複数の正会員は退会していた。
(引用ここまで)

 ……またか。
 危機に瀕してはまず内紛。
 外敵に逢うてはまず内紛。
 ごくごく一般的な韓国人の姿ではあるのですが、それを日本に持ち込まないでほしいのですよね。

 テコンドー団体の理事には大量に在日韓国人や元在日がいます。
 以前、来日して兵庫でテコンドーのコーチとして働いていた選手が大会に出場して、優勝したのにドーピング検査に出ることなく資格停止処分になった韓国人がいました。理由は「役員から早く帰れ」と命令されたから。
 その兵庫県テコンドー協会の会長は在日韓国人。

 日本国内での内紛というよりは、在日韓国人がいつもの内紛をやっているだけって話なのですよ。

 JOCは基本的な立場として競技団体のトップを自称するところがふたつ以上あることを認めません。
 記事にあるように以前、女子の岡本選手が個人資格でアテネオリンピックに出場したのは、このときも団体が3つに分裂していて足並みが揃わなかったからです。

 で、今回の内紛劇は4月の公益社団法人格の返上に際して、反対派が立ち上げたと。
 違法に使用した補助金3000万円を30年の分割で行う。財政基盤も脆弱なので公益社団法人も返上するとのことでした。
 返還が1年に100万円ずつ。月にすると8万5000円弱。
 家賃とか、浮気して離婚した元夫婦が子供に払う養育費レベル。

 まあ、そんなレベルの協会だってことで恥ずかしくてしょうがないっていうのもあるかもしれませんね(笑)。