選手を五輪に送り出せるのか。テコンドー分裂問題の今(web Sportiva)

 1年半ほど前の記事ですが、今回の分裂騒動につながるコラムですので掲載。
 スポーツ関連書籍でも名著のひとつと考えている『争うは本意ならねど』を書いた木村元彦氏によるもので、丁寧に描かれています。

 オリンピックは韓国のWTFを中心に回っていく。1980年にIOC(国際オリンピック委員会)は総会においてWTF を採用することに決定。以降、アジア大会正式競技、1988年ソウル五輪公開競技と発展し、五輪の正式種目になったのは岡本が銅メダルを獲得する2000 年シドニー五輪からである。

 しかし、日本国内でもシドニー前にWTF系列だけで日本テコンドー連盟、全日本テコンドー協会、イーグル会、在日大韓協会、九州の虎会等複数の団体が存在していた。

 五輪憲章では、一国家一統括団体の原則があり、各国のオリンピック委員会は国内で唯一の統括団体のみ承認すると定められているため、日本の場合はJOCが認める単一団体からしか五輪へ選手の派遣ができない。

 JOCに準加盟していたのは日本テコンドー連盟で、一本化に向けて全日本テコンドー協会と統合、他の任意団体とも協力関係を結んでいった。

 しかし、統合後もそれぞれの派閥は存在し、シドニー直前から分裂の火種は燻(くすぶ)っていた。1999年11月には、別の理事を独自に立てる動きも起 こり、一時はJOCへの準加盟が取り消されるところまで行きかけた。それでもこのときは、初の五輪出場という大義の前に歩み寄りが見られてひとつの団体と なった。

 しかし、内紛は収まらなかった。岡本がメダルを持ち帰った2年後の2002年、日本テコンドー連盟の円山和則理事長と森喬伸会長がテコンドーW杯の日本 誘致を巡って対立する。競技の発展のために推進しようとする円山理事長側と赤字のリスクを考慮して反対する森会長側が衝突。結果的に推進派が反対派を押し 切ってW杯の開催を決めると、組織は分裂した。日本テコンドー連盟は円山派の全日本テコンドー協会、森派の日本テコンドー連合のふたつになったのである。

 どこの競技団体でも強化や普及、あるいは経営を巡る運営方針の違いは存在する。しかし、それらは組織内で解決して然るべきものであろう。
(引用ここまで)

 記事中にもあるのですが元々、テコンドーの団体というのは分裂しているのですよ。
 WTFとITF。韓国系と北朝鮮系といってもいいのですが。
 そういう背景を持っている上に、韓国人が牛耳っていることが多いので分裂するのしないの。いや、するんですが。

 元々分裂している団体をまとめた上に、我慢できずに「オレがオレが」という人間の多い韓国人がいることで分裂せずにはいられない構造を持っているのです。
 まあ、韓国がらみプラス、スポーツの権力争いってことでもう韓国では、こういう協会だの連名での内紛はおなじみなのですけどね。
 現ビクトール・アンがロシアに逃げたのも韓国スケート協会の内紛が原因とされています。韓国アマチュアボクシング協会では内紛がないことのほうが珍しいほど。

 ここで「日本でも〜」と思う人もいるかもしれませんが、たとえばbjリーグとNBLはリーグの創設理念の行き違いによる問題。
 協会内部で延々と内紛を起こしているのとはちょっと違うのですよね。

 JOCが岡本依子選手を「個人資格」でアテネオリンピックへ送り出したのがかなりの奇手だったとの話もなかなか興味深かったですね。
 ついにJOCは再考。五輪憲章では国内に競技団体が存在しない場合の個人エントリーを認めていることから、日本のテコンドー界には競技団体が存在していないという超法規的解釈を下し、4月5日の幹部会で「個人参加」という特例を設けて五輪出場を承認したのであった。

 しかし、この個人エントリーは政情が不安定な発展途上国や戦争が起きている国など、実際に団体を組織できない国の選手の救済を目的に考案された制度であ り、前回大会でメダリストを出している国でありながら、これを適用したことで、根本から理念を曲げてしまったことになる。
(引用ここまで)

 っていうか、もうどのテコンドー協会もいらないんじゃないでしょうかね。
 で、オリンピックに出るのだったら個人エントリーで行ってくれと。
 それでなんの問題もないような気がしますけどね。
 国際大会も個人負担か、非認定団体の負担で派遣。
 JOCは一切関与せず。それが一番平和だと思われます。あ、違法に使った補助金の返還はちゃんとやってね。

 非韓三原則はこんなところでも有功なのだなぁ……。