日本の了解必要・・半島有事の在日米軍出動、米専門家の指摘に「米国に親韓派はほぼ存在しない」「現実的には間違ってないが…」(FOCUS-ASIA)
韓国・聯合ニュースは12日、米国のアジア・太平洋安保研究センターのジェフリー・ホノン教授が、戦略国際問題研究所(CSIS)に寄稿した文書の中で「安倍首相が7月に参議院で『朝鮮半島有事の際に在日米軍基地から米海兵隊が出動するには、日本政府の了解を得なければならない』と発言したのは、法的に正確だ」と指摘したと報じた。

記事は、在日米軍の出動の際の日本政府の関与について「最近、日本の右翼人士が『日本の介入が必要』との主張を展開してきたが、米国の学者が公式にこのような主張をしたのは初めて」とし、「半島有事の際には在日米軍が自動的に介入するという、韓国政府の立場と対立するもので、波紋が予想される」と論評した。

この問題について駐米韓国大使館は「在日米軍基地は、国連軍司令部の後方基地としての任務を遂行しており、日本政府が介入する根拠はない」とし、「米国政府も半島有事の際には事前協議なしに在日米軍を出動させることができると明言している」と主張している。 (中略)

聯合ニュースはホノン教授を「代表的な知日派の一人として知られる」としたうえで、「このような主張はワシントンの主流の見解ではないというのが外交関係者の見方だ」と解説している。だが、同時に「最近、ワシントンでは、安全保障に支障をきたしていることから、日本だけでなく韓国も問題だという論調が台頭している」と、米国の論調の変化に危機感を示している。
(引用ここまで)

 安部首相の「半島有事の際、在日米軍から出動するには日本の許可が必要となるという発言に、アメリカ側の専門家からも「その通りだ」という意見が出ていたというお話。
 民主党政権時に岡田元官房長官が「密約はもうなくなっている」と話したように、日米間の密約はもはや存在していないというのが日米の基本姿勢。
 今回と同じ、CSISでの日米の有識者会議の場でも同じ議題が出て、どこからも反対意見が出ていなかったように記憶しています。

 韓国側からは常に「半島有事の際には自動的に在日米軍が補佐に回る」とか「密約は生きている」とかいう話は出ていますが、その根拠がないのですよね。
 記事中では「この意見はワシントンの主流の意見ではない」と書かれていますが、その主流の意見って誰が言っているんでしょうかね。
 現在まで見たことないのですが。

 「たとえば○○に所属し、国防に詳しい××氏は〜」とか具体的なアメリカ側の人物の発言を引用してくればいいのに。
 そうじゃなかったら国防省の会見で質問してもいいですよね。
 「半島有事の際に在日米軍の運用について日韓で見解が分かれていますけど」って。
 日本側の発言はどれも公的人物が公的な場所でやっているのですよ。岡田元官房長官も含めて。

 そういった公的な発言に対して、アメリカ側からの抗議がないのはなぜか。
 考えてみたら分かりそうなもんですが。
 実際の運用まで戦略的に黙っておきたいというのがアメリカ側の意向なのでしょうが。

ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争〈上〉 (文春文庫)
デイヴィッド ハルバースタム
文藝春秋
2012-08-03