李明博政権時代に約2000億円投じたカナダの子会社、100分の1で安値売却(ハンギョレ)

  新政治民主連合「MB(李明博)政権国富流出資源外交真相調査委員会」(真相調査委)ノ・ヨンミン委員長は13日に記者会見を行い「ハーベストの精油会社 であるNARLが米国系商業銀行シルバーレンジに事実上200億ウォン(1ウォンは訳0.1円)前後で売却される」と明らかにした。 2009年購入当時の約1兆ウォンを含め5年間で約2兆ウォンの損失を記録したと評価されているが、その100分の1で売却するわけだ。

 さらに真相調査委によれば、会社が保有する土地と施設の価値は0ウォンと策定されたことが分かった。 ノ委員長は「購入後にも4億ドル以上の設備投資を追加した施設に対する価値が、屑鉄より価値がないということを売り手・買い手の双方が認めたということが 衝撃的だ」と批判した。 また、2兆ウォンの損失には、韓国石油公社がNARL売却契約により追加で抱え込まなければならない負債6億6000万ドル(約7233億ウォン)が含ま れていると推定される。

 ハーベストのNARLの引き受けは、購入当時から議論になった事業だ。ハーベストが当時負債を抱え込んでいた精油会社NARLも引き取らなければ売らな いと契約条件を変えて提案したことに対し、石油公社法の規定上、精油業に対する法的根拠がないのに石油公社はこれを受け入れた。 真相調査委は「当時、李明博政権が短期的成果に汲々として自主開発率を強調し、公企業が実績を達成するために無理に事業を推進した」と批判している。
(引用ここまで)

 イ・ミョンバクの資源外交の失敗パターンがまたひとつ。
 資源外交に関しては自分用に情報を整理している途中でもあるので、それを書いておきましょう。

 2009年当時、韓国の石油公社はカナダのハーベスト・エナジーを41億カナダドルで買収したのですよ。
 買収額はおおよそ4000億円規模。
 実際の買収額は18億カナダドル。プラス、抱えていた債務が23億カナダドルあったので、計41億カナダドルになったという。
 で、このときに石油精製会社であるNARLという子会社も引き受けたわけですね。

 本来であればハーベストエナジー本体だけだった予定なのですが、当時「資源外交でウッハウハ! 自主開発率を30%にするんじゃあ!」という路線だったイ・ミョンバクの勢いで韓国石油公社は買えるものならなんでも買うっていう方針。
 で、ハーベストエナジーから「じゃあ、これもつけてあげる」って言われたのが精製プラントのNARL。

 当時はアメリカの原油よりもドバイの原油のほうが安くて、ドバイから原油を買いつけて精製しているNARLは利益は出ていたものの、負債を大きく抱えている子会社だったそうです。
 んで、その後にドバイ原油が高騰してWTIを超えてしまって、プラントを稼働させればさせるほど損をしていくという構造になったそうです。

 このNARLの買収額が負債も含めて約1兆ウォン(1000億円)。で、これまでの5年でさらに1兆ウォンの損失を記録して政府支出が2兆ウォン。約2000億円。
 それを200億ウォン(約20億円)で売却すると。
 ただし、NARLが抱えている負債である6億6000万ドルの負債は韓国石油公社が丸抱え。
 純粋に石油プラントとしてだけの売り買いであるそうです。

 まあ、負債を垂れ流すだけのプラントをようやく切り離すことができたというところでしょうか。
 問題はハーベストエナジーが持っている石油・ガスの2億バレルの多くが、オイルサンドであるという部分。
 オイルサンドは精製に経費がかかるので、中東の原油よりも原価がかなり高い。
 ここ数年の原油高のおかげでオイルサンドにもスポットライトが当たっていたのですけどね。

 現状はサウジの値下げ戦略もあって厳しいところ。21世紀半ばかそれ以降にはオイルサンドに頼ることも多くなると思うのですが。
 果たして数十年規模で持ち続けることができますかね。

週刊エコノミスト 2014年 11/11号 [雑誌]
週刊エコノミスト編集部
毎日新聞社
2014-11-04