イケアに非難集中 商品などに「日本海」表記=韓国(聯合ニュース)
IKEAコリア、「日本海」表記方法をSNSで公式謝罪(中央日報)

 問題は、イケアがこの商品を韓国での販売品目から外すことを早くから決めた一方、海外では販売を続けていることだ。米 国や英国などでは今も同製品を販売している。この大型の壁掛け型の世界地図は米国製で、価格は129ドル(約1万5000円)。東海を「SEA OF  JAPAN」と表記し、「East Sea」や「Sea of Korea」という併記はない。

 イケアは製品開発を担当するイケア・オブ・スウェーデンでもこの問題を検討しているとしたが、地図の修正や販売の一時中止などの具体的な対応に関しては言及しなかった。
(引用ここまで)

 IKEA側の本音を聞いてみたいですね(笑)。
 ただ、このあたりのリスクは分かっていたことではあるはずなのです。
 韓国に参入するのであれば日本海・竹島・リアンクール岩には気をつけろということは。

 それでなくても外資に対してはやたらと厳しい国なのです。
 外貨獲得が命題で、かつ外貨流出を嫌っていたこともあって、21世紀の現在でも非難のひとつとして「これは外貨の無駄遣いだろ」なんて言いかたをされるくらいでして。
 外資の参入ということにやたらと目をつり上げる人たちなのですよね。

 さすがに韓国国内で販売予定のない世界地図にまで文句をつけられるとは思っていなかったでしょうが。

 相手が私企業でも公的機関でも自分たちの思い通りにいかないと噛みつきまくり。
 ふと考えてみるとこれって中国のやりかたにそっくりなのですよね。
 参入時には甘言で「税金ないある、土地も優遇するあるよ」って言って工場を建てたらこちらのものとばかりにローカルルールをかぶせてくるっていう。

 韓国の「East Seaって書け」っていうのもローカルルールを他人に強要するっていう意味でまったく同じ構造なのですよね……。