4大河川談合が足かせとなる韓国建設輸出(中央日報)

来年初めに施工者選定を控えた140億ドル規模のクウェート新規精油工場建設事業。入札意向書を出した現代建設など韓国の大手建設企業に最近、発注機関か ら1枚の公文書が届いた。4大河川事業の談合で処罰を受けた内容を詳細に説明してほしいという内容だった。大手企業A社の関係者は「海外建設事業でも競争 が激しくなり、海外の競合他社が4大河川事業に関して国内建設企業が談合で処罰を受けたことを集中的に取り上げている」とし「このため入札から排除されな いか心配」と述べた。

国内建設企業が「4大河川事業」のトラウマに苦しんでいる。国内では談合に対する課徴金と入札制限を受け、国外では主力事業である海外建設までが脅かされているからだ。課徴金だけで1000億ウォン台を超えるが、追加調査が進行中で、課徴金はさらに増える可能性がある。湖南高速鉄道受注談合事件などを加えれば、今年だけで課徴金は6000億ウォン台となる。

さらに大きな問題は課徴金ではなく、国内企業の主力事業である海外建設だ。海外建設協会のキム・テヨプ企画情報室長は「談合問題は各国発注機関の利益とも直結する敏感な問題であり、いくつかのチャネルを通じて真偽を確認していると聞いている」と話した。実際、韓国企業が原発を施工中のアラブ首長国連邦は最近、原発工事に参加中の国内企業に4大河川事業の談合について釈明を要求した。これに先立ち4月にはノルウェー・オスロのトンネル事業発注機関が該当企業に談合に関する事実関係などを問いただした。

ある大手企業の関係者は「海外に談合による制裁が知られ、競合国や競合企業の誹謗も強まっている」と語った。競合国であるフランスの有力日刊紙ルモンドは昨年、4大河川事業の談合を特筆大書した。米ウォールストリートジャーナルも今年、4大河川とソウル地下鉄7号線の談合を詳細に報じた。

業界では今年の受注目標額である700億ドルはもちろん、来年は海外建設50周年を迎えて累積受注額7000億ドルを達成するという計画にまで支障が生じるのではという懸念も出てくる。

20日現在の海外建設受注額は557億2700万ドルと、今年の目標(700億ドル)の79%。キム室長は「談合問題が対外信任度の低下につながれば、来年からは国内企業の入札参加制限などの問題が生じかねない」と懸念した。海外建設が揺れれば韓国経済も影響を受ける。建国大不動産学科のシム・ギョオン教授は「企業も過当競争をやめて公正競争のために努力しなければいけない」とし「国内経済に及ぼす影響などを考慮し、政府も過度に追い詰めるのを自制する必要がある」と述べた。
(引用ここまで)
 談合自体はまあいいですよ。
 どんな業界だって、どんな国だってあるでしょう。
 それがたとえ、なんの意味もなく川をいじくって2兆円かけて抹茶ラテを作ったり泳げない魚ロボットを作ったり、挙げ句の果てにはその余波でユニバーサルスタジオ建設を吹き飛ばした事業であったとしても。
 建設事業なんて、ある意味で談合の塊みたいなものですしね。

 韓国のすごいところは談合の存在ではなく。引用の太字部分。
 海外受注ができなくなるから談合摘発をやめろ……か。
 ここでも公ではないのです。
 法律を優先するな、というのは財閥の会長を釈放しろというのと同じですね。

 そんなに涙目になりながら建設業界が海外受注を行っているのですが、実はその大半が赤字受注だったりするのですけどね。