また対馬で仏像窃盗、韓国人住職ら4人を逮捕 警察官が港で職質、経典も所持(産経新聞)

 長崎県警対馬南署は24日、同県対馬市の寺から仏像を盗んだとして、窃盗の疑いで韓国人の男4人を逮捕した。うち2人は容疑を否認しているという。

 対馬南署によると、逮捕されたのは住職の金相鎬(70)、農業の金溶晃(54)、会社員の李哲佑(47)ら4容疑者(職業はいずれも自称)。

 4人の逮捕容疑は24日午前10時〜午後1時50分ごろ、対馬市美津島町の寺から銅製の仏像を盗んだとしている。仏像のほか複数の経典も持っており、対馬南署は関連を調べる。

 対馬南署によると、仏像は高さ約11センチの「誕生仏」で、対馬市指定の有形文化財。24日午後2時ごろ、対馬南署に住職の男性から通報があった。その後、署員が対馬南部の厳原港で男4人を見つけ職務質問。所持品から仏像が見つかったため逮捕した。
(引用ここまで)

 あれだけ日韓で対馬の仏像盗難が騒がれていて、国際問題になっているのにいまだに泥棒がやってくる。
 しかも自称僧侶が。
 かなりワイドショーやニュース番組でも取り上げられているようですね。

 楽韓Webを2009年にブログ化していますが、その時はまだ文化財盗難はそれほど大きく扱われた話題ではなかったのですよね。
 でも、かなり強い予感がしていて「文化財盗難」というカテゴリを作っておきました。
 その後、事例が増えまくっていったのは予測が的中したと喜ぶべきなのかどうか……。

 ちなみに2019年を目処に対馬市が防犯対策として博物館を新設しようとしているのですが……遅い、これは遅いなぁ。
 今回の事件で予算が増えたりすればよいのですが。