小倉紀蔵氏「韓国の中国偏重が嫌韓あおった」(朝鮮日報)

 「韓国では在特会(在日特権を許さない市民の会)のようなヘイトスピーチ(憎悪表現)を行うグループと嫌韓派を混同しているケースが多いが、両者は明らかに違う。ヘイトスピーチよりもさらに深刻なのは、普通の日本人たちの間で嫌韓派が増えているということだ」

  京都大総合人間学部の小倉紀蔵教授(55)は24日、ソウル大日本研究所で本紙と行ったインタビューで「在特会を中心とするヘイトスピーチを行うグループ は言行が低級かつ過激で、彼らを好む日本人はほとんどいない。日韓関係に与える否定的な影響も限定的だ」とした一方「日本の一般人の間で嫌韓派が増えてい る理由については、韓国も客観的に分析してみる必要がある」と述べた。小倉氏は同日行われたソウル大日本研究所の10周年記念セミナーで「日本の嫌韓派は 何を主張しているのか」をテーマに講演した。以下は小倉氏との一問一答。

−嫌韓派の主張は。

 「一言で言うと『韓国は信 じられない』というものだ。1965年の日韓国交正常化以降の50年間、両国は友好関係を結んできたが、日本人からすると韓国は『これ以上日本と付き合わ ないようにしよう』と言っているように見えるため、その韓国を排斥しようとしているのだ。特に、日本は韓国の中国偏重現象について、韓国人が考えるよりも はるかに深刻に受け止めている。韓国が経済的に大きな魅力を持つ中国と親しく付き合うことは理解するが、日本が長年にわたり韓国と友好的な関係を続けてき たのに、韓国はどうして中国にばかり近寄るのかという残念な気持ちを日本人が抱くようになったのは事実だ。それが嫌韓感情をさらにあおり立てている」

−嫌韓派は増えているのか。

 「自ら嫌韓派だとは言わないが、客観的に見て嫌韓派に分類できる日本人はかなり増えた」

−なぜ増えているのか。

  「日本社会は心理的に狭まりつつあり、他人を包容しようとする力が弱まっている。今の日本は1980年代の日本とは全く違う。総体的に自信を喪失し、孤独 感が社会を支配している。嫌韓派は東アジアを謝絶したいと思っている。明治維新のころの代表的な政治家、福澤諭吉(1835−1901)がアジアと決別す るという『脱亜論』を掲げたときは、日本がほかのアジア諸国の先を行っていた。だが、今は中国や韓国が先んじているため『勢いの強い韓中と付き合わず、自 分たちだけで静かに生きよう』という心理が働いている。明治維新のころとは正反対の『逆福澤』の状況と言える」
(引用ここまで)

 ヘイトスピーチを垂れ流す連中への支持がごくごく限定的っていうのは確か。そして、「客観的に見て嫌韓である日本人がかなり増えた」という認識も間違っていません。
 でも、相変わらずその理由への認識が違うんだよな。

 これをレポートで出されたら55点。要再提出ってとこかな。

 一般的な日本人は韓国とつきあうことに疲れたのですよ。
 なにをやっても、なにを言っても韓国は変わらない。
 大統領が変わる度に「私は未来志向派、謝罪は求めない」→「ウソでした」ってパターンにも疲れた。
 国家元首が外遊する度に日本の悪口を言うようなレベルの国につきあうのにも疲れた。
 「ウリナラは先進国!」って喧伝しているのに、売春婦や泥棒を山ほど送りこんでくることに疲れた。
 盗まれたものを返さない態度に疲れた。

 かつて親韓というよりはニュートラルなスタンスで、普通に親しく対応していた日本人はもういないのです。
 もうだまされまいと身構えているし、そのための勉強もしている。
 それが「嫌韓本」が売れている理由なのですよ。
 小倉教授もこのあたりの認識はちゃんとあるようなので、「55点」なのですけどね。

 インタビュワーの質問を見ると「韓国が嫌われる理由がない」と思っているのがよく分かります。
 好きの逆は無関心っていいますが、無関心では被害を防ぐことはできないのですよね。
 もはや、韓国人は日本に被害を与える輩だと認識されていることに気がつくべきです。

Web魚拓 1 / 2 / 3