米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに(産経新聞)

  米政府の調査結果は「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」として、2007年4月にまとめられた。米側で 提起されることはほとんどなかったが、慰安婦問題の分析を進める米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏とその調査班と産経新聞の取材により、慰安婦問題 に関する調査結果部分の全容が確認された。

 調査対象となった未公開や秘密の公式文書は計850万ページ。そのうち14万2千ページが日本の戦争犯罪にかかわる文書だった。

 日本に関する文書の点検基準の一つとして「いわゆる慰安婦プログラム=日本軍統治地域女性の性的目的のための組織的奴隷化」にかかわる文書の発見と報告 が指示されていた。だが、報告では日本の官憲による捕虜虐待や民間人殺傷の代表例が数十件列記されたが、慰安婦関連は皆無だった。

 報告の序文でIWG委員長代行のスティーブン・ガーフィンケル氏は、慰安婦問題で戦争犯罪の裏づけがなかったことを「失望」と表明。調査を促した在米中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」の名をあげ「こうした結果になったことは残念だ」と記した。
(引用ここまで)

 慰安婦が売春婦で、かつ慰安所の運営がまっとうに行われていて、慰安婦はおおむね健康で賃金も払われていたという米軍の調査報告書ならあるんですけどね(笑)。

 違法だったという報告書もなし。
 強制連行に関しては証言すらなし
 大金を得て家を買ったという証拠ならある。
 郵便貯金返還訴訟を起こした慰安婦もいる。
 否定的に扱いたい側にあるのは慰安婦の主観的な「証言」だけ。
 なかなかよい方向性が出てきたんじゃないでしょうかね。

 当時合法だった売春宿でしかない、ということを周知させるのにこういった第三者の資料を使っていくのはよい戦略。
 「おまえらの出した報告書だぞ?」っていう話にできるわけですよ。

 「報告書作成に8年かけたのに、『20万人の人間が強制連行されて奴隷として働かされていた』証拠が一件も見つからなかったのはどういうことだ」と。
 一件残らず証拠隠滅できたのだとしたら、旧日本軍はとてつもなく優秀なのですね。
 また旧日本軍伝説がひとつ生まれるのか(笑)。

−−−−
「証言」がどうやって作られるかについて、この本は面白かったですよ。