日本は嫌韓デモ根絶を 韓国国会委員会が決議(聯合ニュース)
韓国国会の外交統一委員会は1日、最大野党、新政治民主連合の沈載権(シム・ジェグォン)議員が代表発議した「日本の嫌韓デモ根絶に向けた要求決議案」を可決した。

 決議では「日本の『在日特権を許さない市民の会』(在特会)を中心に行われている嫌韓デモは、在日韓国人の安全と生計を脅かし、彼らに対する暴力であり殺人的犯罪行為である点を明らかにする。日本政府には嫌韓デモを防ぐための具体的な措置を講じるよう求める」としている。

 「殺人的犯罪行為」という表現については外交問題、また品格の問題になりかねないとして修正が検討されている。

 また決議では、韓国政府に対しても日本政府がヘイトスピーチ(憎悪表現)への対策を講じるようより積極的な働きかけを行うことを求めている。
(引用ここまで)

 ま、在特会に関してはどうでもいいのですが。

 違法な慰安婦像の撤去を依頼したら「あれは民間のやっていることだから……」って言い訳をする相手には、「あれは民間のやっていることですから」って言い返したくもなりますわな。
 ヘイトスピーチの対策を講じろって言われたら「まず、そちらから見本を見せてください」って話。
 これこそが「相互主義」ってヤツですよ。

 ま、ヘイトスピーチ対策というのを、言論弾圧と勘違いして「うちはもうやっている! 次はどこの特派員を逮捕すればいいんだ!」とかなりそうですけどね(笑)。

 「殺人的犯罪行為」とかも韓国国会の決議としてはちょうどいい品位だと思います。
 チェーンソーや催涙弾を持ちこまれる国会なのだから、このくらいでちょうどいい。
 船の事故で大統領が「これは殺人に等しい」って言って、実際に殺人罪で起訴されるような国なのですから。