韓国、月探査の来年度予算「ゼロ」…計画の遅延が予想(中央日報)
【取材日記】「メモ紙予算」烙印で延びた月探査の夢(中央日報)

韓国の2015年度国家予算に「月探査事業」が反映されず、2020年までに独自に開発した月探査船を韓国型ロケットによって打ち上げるとしていた探査計画が遅れる見通しとなった。

4日、未来創造科学部と韓国航空宇宙研究院によると、来年度予算案の国会処理過程で月探査事業予算410億8000万ウォン(約44億1200万円)が全く反映されておらず、2017年までに月探査の自力インフラを確保して2020年までに月軌道船・着陸船を韓国型ロケットで打ち上げるという計画を見直さなければならない状況になった。

これに伴い、国家宇宙開発政策を審議する国家宇宙委員会が来週会議を開き、月探査計画の見直しなどを話し合うことが伝えられた。

月探査事業は1段階事業期間(2015〜2017年)に1978億ウォンを投入し、月探査システムや本体開発、軌道船・着陸船・月科学搭載体の開発など月探査の自力インフラを確保し、2段階事業期間(2018〜2020年)に4757億ウォンを投入して独自開発した無人月軌道船と着陸船を韓国型ロケットで打ち上げることだ。
(引用ここまで)

 日本でも民主党の仕分けでJAXA自体が事業縮小に追い込まれて、あやうくはやぶさ2自体が消滅する一歩手前まで行っていました。選挙前で微妙な時期ですが、民主党が日本をどうしていたのか思い出しておいて欲しいのであえて書いています。

 多額の予算を「浪費」してしまう宇宙開発はどうしても横槍を食らいやすいのですよね。
 「それによってなにがどうなるんだ」って言われると説明に窮してしまう。
 開発担当者は科学者・技術者であってプロデューサーではないので。

 そういう意味では理研の笹井氏はその両面ですごい才能のあった人だったんだけどなぁ……。

 おっと、韓国の話だった。
 えーっと、月探査船のスケジュールが遅延するということでしたが。
 まあ、最初からスケジュール自体が無理だという話もありまして。

 正直、なんでいきなり月探査なんだっていうのは誰しもが思っていた疑問じゃないでしょうかね。
 通常の衛星、静止軌道衛星といった段階を一気に飛ばして月探査。
 まあ、「パク・クネの公約だから」というのがもっとも大きな理由なのでしょうけども。
 それと「これまで(他国のロケットで)衛星打ち上げは経験済みだ」というのも大きな理由かな。

 自前のロケットで衛星を打ち上げたことすらないのに。
 KSLV-2で月探査船の前には打ち上げる予定にはなっていますが。 
 そもそもKSLV-2の打ち上げそのもののスケジュールも無理だし、あと3年で試験打ち上げなのに75トンエンジンを4本クラスタさせたテストはおろか、フルパワーでの75トンエンジンの燃焼実験すらできていない。

 宇宙開発というのは兵器開発にもつながっているので、そのあたりで急いでいるんですかねぇ……。
 単純に北がやってしまってメンツが立たないからっていう理由が一番大きいような気もしますが。