【社説】平昌と東京の五輪種目交換開催は検討に値する(朝鮮日報)

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ委員長が「2018年の平昌五輪と20年の東京五輪の種目の一部を、韓国と日本に分散して開催することは可能」と発言した。その理由についてはバッハ委員長は「費用を削減でき、互いに(大会後の)活用可能性が小さい競技場の建設を避けることができるからだ」と述べた。(中略)

 日本オリンピック委員会(JOC)は、韓国が一部種目の分散開催を提案してくれば前向きに検討するとの立場だ。日本メディアはボブスレーなど一部種目が長野で開催される可能性があると報じている。ただし、平昌五輪組織委は競技会場の見直しには原則として賛成してはいるものの、平昌大会でこれを行うにはすでに手遅れと考えている。紆余(うよ)曲折の末に6カ所の新競技場を今年下半期に着工しているからだ。ただし、それでも平昌と東京が一部種目を互いに分散して開催し、費用を削減する現実的な方策がないかあらためて検討する価値はあるだろう。
(引用ここまで)

 おまえら、なんか勘違いしとりゃせんか?
 開催権返上だの、施設ができないだのスポンサーがつかないだの言っている連中がいるから、IOCが「こういうこともできますよ」って話をしてあげているだけなんだよ。
 JOCもIOC経由なら相談に乗ってやってもいいっていうレベル。

 東京と交換開催とかありえん。
 東京は韓国なんかを必要としてないってことをよく知っておけ。国内分散開催は可能性があるにしても。

 っていうか、どの競技を開催するつもりなんだか。
 日本になくて韓国にある競技施設なんてなにがあるんだろう。
 っていうかないでしょ。

 まるで「日本と韓国が等価で、交換開催に応じよう」みたいな立場になってるつもりなんだか。
 IOCから心配されているのはおまえらだけだってことを認識しろよ。

芸人交換日記 [DVD]
若林正恭
ポニーキャニオン
2011-11-16