大韓航空副社長が乗務員に激怒 滑走路の機体引き返させる(聯合ニュース)

 大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョンア)副社長(40)が、米ニューヨークのケネディ国際空港で客室乗務員のサービスを問題視して激高した上、責任者を飛行機から降ろし、遅延させていたことが分かった。財閥令嬢による行き過ぎた行為に批判の声が上がっている。

 同社によると、5日(現地時間)午前0時50分、ケネディ国際空港から仁川に向かう大韓航空旅客機は離陸のため滑走路に移動していたが、搭乗口に引き返し機内サービスの責任者である事務長を降ろしてから出発した。

 発端はファーストクラスに乗っていた趙副社長に客室乗務員の1人がサービスとしてナッツ類を提供したこと。趙副社長は「サービスがなっていない」として激怒した。

 同社は、乗客の意向を聞いてからナッツ類を皿に盛って提供しなければならないが、袋のまま提供したことが規定に反する行為だったと説明している。

 趙副社長は事務長を呼びサービスマニュアルを確認するよう求め、事務長がタブレット型端末で関連規定をすぐに探し出せなかったため降ろしたという。この際、事務長を大声で怒鳴りつけたとされる。

 滑走路を移動していた旅客機がゲートに戻ったため出発が遅れたが、250人の乗客には理由も説明されなかった。

 趙副社長は同社を傘下に持つ韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の長女。昨年、ハワイで出産していたことが明らかになった際には、子どもに米国籍を取得させるための「出張出産」だったのではないかという「疑惑」が持ち上がった。大韓航空では機内サービスを統括しホテル事業を担当している。

 同社は事務長を降ろす過程で時間がかからなかったため、機内アナウンスで乗客に説明しなかったとしている。

 旅客機は仁川空港に予定よりも11分遅れて到着した。

 滑走路に向かっている旅客機が搭乗ゲートに引き返すのは、通常、機体に異常が発見された場合や乗客の安全に問題が生じた場合に限られる。客室乗務員のサービスを問題視して引き返したのは前代未聞だ。

 航空法には機長が客室乗務員を指揮・監督するよう定められており、今回の騒動は趙副社長の「越権行為」だとして批判が出ている。
(引用ここまで)

 色々書いていますが、要するにこの副社長がやったことは……

  • CAが「ナッツの袋を開けなかった」ことにファビョン。
  • 事務責任者がタブレット操作ができなかったことにファビョン。
  • で、事務責任者を降ろすように命令(航空法違反)。

 なんだ、ただの両班じゃないですか。

 ポスコの重役による飛行機内での振る舞いや、ハンファ会長のやりかたと同じ。
 小さくは江南地区のマンションの住人が警備員に対しての振る舞いと同じ。

 李氏朝鮮における両班の逸話はいくつもあるのですが、そのどれもが原則として理不尽なもの。「両班に逆らったらこうなるんだぞ」的なものが多いのですよね。
 このあたりの話もいつか紹介すると思いますが。

 韓国では序列によって上下が決められた場合、上の人間は下の人間になにをしてもいいのです。
 この序列意識は法律すら凌駕します。

 下の者がなにかを言おうものなら即座に解雇。
 なので、誰も諫めるようなことはできません。で、けっきょくは暴君化。
 逮捕されても最後は特赦でなにもなかったことになるので、「法律すら縛ることはできねえんだぁ!」とばかりにさらに暴君化。
 今回も航空法違反だそうですが、なんら罰されることはないか最小限で終了っていうのが見えています。

 このあたりを変革することがパク・クネの「経済民主化」とか「非正常の正常化」であるはずなんですけどね。
 財閥の特権を剥奪することがこの政権の目標のひとつだったはずなのですが。
 マスコミからも評論家からも「逮捕していた財閥会長を解放しろ!」の合唱
 しょせんはこの国はこういう構造なのですよ。
 変革とか無理無理。

信長のような第六天魔王クラスの変革者がいればねー。