舛添知事、東京五輪の国内分散開催に疑問(ニッカンスポーツ)
東京都知事、韓国との五輪分散開催に否定的な考え示す(朝鮮日報)

 改革案では開催地以外の都市、さらには限定的ではあるが国外開催も認められた。しかし、舛添知事は「ものには限度がある」と、国外開催には否定的な考えを示した。

 18年平昌(ピョンチャン)冬季五輪のボブスレーなどの、そり競技が長野での分散開催が報じられているが、「それが良いのか議論が分かれる。その前に韓国政府、組織委員会に対して、メーンスタジアムもスキー場も整備できていない状況に『もっと努力しなさいよ』と言うのがIOCの仕事。そして、韓国の他のスキー場も探すべきですね。安易に海外というのもどうなのかなと」と持論を展開した。

 あくまでも他都市、他国開催は財政負担の軽減が目的だと捉え「海外でやるとなると負担が大きくなる。長野でボブスレーやるとなったらどこがお金を出すんですか? 日本ですか、韓国ですか? ヨーロッパの陸続きであれば分かるけど。日本と韓国は海で隔てているので難しいのでは。やれれば関係改善に有効なのかもしれないけど」と話した。
(引用ここまで)

 IOCによる「平昌は国外施設の使用を考慮してもいいんじゃないのか?」という勧告が、韓国ではなぜか「東京と平昌の競技交換」になっているのですけどね。
 なんで交換する気になっているのやら。
 東京は韓国を必要としていないのですよ。前にも書きましたけど、韓国と日本は等価じゃない。
 IOCが心配しているのは経済的に脆弱な韓国で開催される平昌だけ。
 2026年以降のモデルケースにしたいのでしょうね。中進国ていどでも冬季五輪は開催できますよということの。

 それが韓国でだけは「東京と平昌に分散開催が認められた」という話になってしまう。
 IOCのアジェンダ2020についてざっくりと海外の報道も見てみたのですが、東京と平昌の競技交換なんて話をしているのは韓国マスコミだけですわ。

 それがなぜか韓国でだけは日本と対等であるかのようになってしまう謎。
 自分たちのポートフォリオを見つめろよ……。

断る力 (文春新書)
勝間 和代
文藝春秋
2012-09-20