上位10%が所得半分を占め...明らかになった所得の二極化の素顔(聯合ニュース/朝鮮語)

 元ネタはシンシアリーのブログより。いつもお世話になってます。

収入分位別収入シェア

 分位というのは人口の10%を示し、上記の10分位は収入上位の人口10%。9分位は同様に11-20%。以下、人口の10%毎に区分した状態です。
 1〜5分位とあるのは収入下位50%の固まりというように理解できます。

 翻訳はちょっと辛い……というか、韓国マスコミのクセで箇条書きせずに、文章の中に数字を埋めこむというものがあるので箇条書きしてみましょう。

  • 上位10%が48.05%の収入を得ている。
  • 上位1%で12.97%。上位0.1%で4.46%。上位0.01%で1.74%。
  • 上位20%になると68.29%。
  • 下位70%では18.87%。
  • 下位70%の収入すべてを併せても上位10%の半分にもならない。
  • 成人人口ではなく、就業者人口に変更すると多少は緩和されるが大きくは変わらない。
  • 韓国政府はジニ係数を発表しているが、実際の不平等感を表せていないのではないだろうか。

 記事には出ていないのですが「下位50%では5.25%」ってほうがすごくないですか?
 韓国の成人人口の下位半分だと、全体収入の5.25%、1/19しか稼げていない。そこに成人人口の半分である1900万人が群がっている。
 おそらく上位0.15%、5万人くらいが稼いでいるのと同じ額ですわな。

 かつては存在していた中間層(図でいうところの4-6分位あたり)がやせ細ってきているのが分かると思います。
 そりゃ閉塞感も蔓延しますわ……。