エアアジアが朴智星献呈航空機運営計画を発表(東亞日報)
アジア最大の格安航空会社、エアアジアがアジアのサッカースター、朴智星(パク・チソン)を広報大使に任命した(写真)。同社は、近く「朴智星献呈航空機」を運営する計画だ。

同社は10日、ソウル中区小公路(チュング・ソゴンロ)のウェスティン朝鮮(チョソン)ホテルで記者懇談会を開き、朴氏を広報大使に任命すると発表した。朴氏は同社の多様なマーケティング活動に参加し、近く撮影が行われる新しいテレビCMにも出演する予定だ。記者懇談会では、昨年7月に制作計画を発表した朴氏の献呈航空機の完成品模型が公開された。

一方、エアアジアグループのトニー・フェルナンデス最高経営者(CEO)は冒頭発言で、「我々は、ハニーバターチップスを乗客に提供するのなら袋ごと提供したい。我々はシンプルで親切な航空会社だからだ」と話し、趙顕娥(チョ・ヒョンア)大韓航空副社長のいわゆる「ナッツリターン」騒ぎを皮肉った。フェルナンデスCEOは、「何かを意識した発言か」という質問に、「単なる冗談に過ぎない。人の不幸をビジネスチャンスにしたくない」と話した。
(引用ここまで)

 その「パク・チソン献呈航空機」の画像がこちらです。

captainpark

 THANK YOU CAPTAIN PARK……かな?
 ……エアアジアはプレミアリーグに所属するQPRの筆頭株主なのですが、一昨年の夏の移籍市場でパク・チソンを獲得したときの移籍会見でエアアジアが主役になっていたのを思い出します。
 机の両脇にエアアジアのキャンペーンガールが立っていて、背景のついたてには「air asia」の文字が並んでいて、なぜかパク・チソンの横にエアアジアの社長が座っているっていう(笑)。
 あんな移籍会見は見たことがなかったなぁ。

 いかにも「あなたたちの英雄をこうやって扱っているのですからエアアジアをよろしくね」って韓国に向けてやっていたっていう。
 韓国ではマンUのクレジットカードの発行枚数が数百万枚にも達したのだから、そりゃまそうやって使いたくもなるでしょうが。
 残念なことに韓国人は「マンチェスターユナイテッドに所属していたパク・チソン」が自尊心を満たしてくれる存在として好きだっただけで、QPRなんていうエレベータークラブに所属していたら、さほど興味はないのですよね。

 実際に今年の5月に3万ウォンで売り出されたパク・チソンワインというものがあったのですが。
 7月の時点で1万2900ウォンになってました(笑)。

parkjisun_wine01

 当時からこのハートマークがきもいと話題でしたね(笑)。
parkjisun_wine02