KTX故障続発で現代ロテムに7億円賠償命令(朝鮮日報)
韓国高速鉄道(KTX)の新車両「KTX山川」でたびたび故障が発生したことにより損害を受けた韓国鉄道公社(KORAIL)が、車両を製作した現代ロテムを相手取って起こした訴訟で、ソウル中央地裁民事20部(アン・スンホ裁判長)は16日「現代ロテムは69億3000万ウォン(約7億4600万円)を賠償するように」と命じる判決を下した。

 フランスで製造された車両「KTX1」の供給を受け運行してきた鉄道公社は2010年、韓国企業である現代ロテムが製作した「KTX山川」190台の供給を受け運行を開始した。

 ところが、10年3月から昨年1月にかけ、「KTX山川」は機器の誤作動によって列車がストップするなど、64回にわたる故障やトラブルが発生した。11年4月には「KTX山川」の一部の車両の減速機に欠陥が見つかり、鉄道公社が全ての列車に対する点検や補修を求める「リコール」が発生した。鉄道公社側は「トラブルの発生やリコールなどにより、306億ウォン(約33億円)の損害を受けた」として、現代ロテムを相手取り訴訟を起こした。

 地裁は64件の故障やトラブルのうち、1件を除き全て、製作段階での欠陥によるものと認めた。またリコールによる営業損失の一部も賠償すべきだと指摘した。
(引用ここまで)

 韓国のG7に加入するという夢を託してテスト車輌にG7と命名されていたKTX山川でしたが、幾度もの故障を経てリコール要請
 現代ロテムがそれに応じずに裁判沙汰。

 で、裁判所に「欠陥列車」として認定されて約70億ウォンの損害賠償支払い命令と。

 普通の高速鉄道に比べて1/20のテスト距離で終了とか、連結部に亀裂が生じてもそのまま走らせることができるとか、エコな高速鉄道だったのに残念ですね。
 もっとも専門家委員会は「技術力が足りなかった」と正直に述べていたりもするのですが。 

 でもまぁ、韓国にはお似合いの高速鉄道だと思うのですけどね。