慰安婦のストーリーが崩れ落ちていく(Michael Yon JP)

 マイケル・ヨン氏がニューヨークタイムズの慰安婦記事から、アメリカの報道姿勢を批判しています。
 もはや一次ソースを持ってくることができておらず、「慰安婦の証言」しかない状況で物語を維持できなくなっている……という話ですかね。
 楽韓Webでも同様のエントリを書いていますが、朝日新聞の落城で追い込まれているのは間違いないところでしょう。

 これまで5:95くらいで追いこまれていたのが、30:70くらいにはなったというところでしょうか。
 あくまでもちょっと押し返したに過ぎません。
 これまで「ニホンガー!」「イアンフガー!」とまるでオールマイティのカードのように思ってきた連中が「あれ、なんかやばい?」って思い出したってところです。
 今後の展開には期待できると思いますけどね。

 まずは出版されるであろうマイケル・ヨン氏の著作に期待。
 そこからようやく反転攻勢になるのかなー。