口蹄疫「警戒警報」に格上げ...殺処分拡大(聯合ニュース/朝鮮語)
口蹄疫感染拡大 危機警報を「警戒」に=韓国(聯合ニュース)

豚の口蹄疫の危機警報が2段階である「主の "3段階である「境界」に格上げされた。

農林畜産食品部は、口蹄疫が17日、忠清北道曽坪豚の繁殖農家では今月に入って9件目の陽性反応が確認されるなど、口蹄疫が拡散する兆しを見せており、危機警報を高めたと18日明らかにした。危機警報は関心→注意→境界→深刻の4段階になっている。(中略)

イ・ジュンウォン農食品部次官補は「今回の口蹄疫が農場に流入したウイルスが原因になってワクチン接種が不十分な豚で発症したものと推定している」
(引用ここまで)

 受付日地域畜種殺処分の現状
112.3忠清北道鎮川10,102
212.4忠清北道鎮川1,082
312.8忠清北道鎮川754
412.12忠清北道鎮川823
512.13忠清北道鎮川540
612.15忠清北道鎮川181
712.15忠清北道鎮川3
812.16忠南天安117
912.17忠清北道曽坪31
* 12.3~12.17日まで殺処分・埋没:1万3千633匹

 韓国で口蹄疫が拡大しつつあるという話題。
 この12月に発生して以来、発生は9件目。
 そのどれもが「ワクチン接種していなかった」ブタが罹患したものなのだそうで。
 今回の口蹄疫はO型の発生で、本来だったらワクチンで防げているはずがすでに1万3000匹を超える殺処分。

 公がないということは恐ろしいことですわ。
 それでもさすがに3年前の野火が拡がるような感染拡大はないようですが。