「韓米日、軍事情報共有で最終調整」=日経(朝鮮日報)
年内にも韓米日軍事情報共有の覚書締結(ハンギョレ)

 韓国・米国・日本が防衛関連の情報交換のための「軍事情報共有了解覚書(MOU)」の締結に向けて最終調整に入っていることが分かった。日本経済新聞が18日報じた。同覚書は締結国同士で共有する防衛関連情報を管理するための原則と方法を盛り込んだ文書で、円滑な情報共有を目的とする。

 覚書が締結されれば、韓米日は北朝鮮の核兵器・ミサイル開発に関する情報交換を本格化させるものとみられる。2012年に北朝鮮が長距離ミサイルを発射した際、韓国は発射情報を早期に把握していたが、日本に関連情報を提供しなかった。

 韓米間、米日間ではそれぞれ、情報共有と共有した情報の秘密維持のための軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が締結されている。米国はこれまで、韓米日の軍事協力強化に向けて韓日間の協定締結を強く要求してきた。韓国と日本も12年にGSOMIAの締結を推進したが、韓国国内では日本との軍事協力強化に反対する世論が根強く、署名直前に中止された。

 日経新聞は「日本との覚書締結に反発する韓国の世論を考慮し、米国が間に入る形で韓米日の覚書締結を推進している」と伝えた。米国は情報保護協定の代案として、法的拘束力のない了解覚書の締結を提案したという。
(引用ここまで・太字引用者)

 2012年に協定署名10分前のドタキャンという前代未聞の醜態をさらし、かつ韓国が中国へ傾倒しはじめている事実を全世界が知った日韓軍事情報共有協定の焼き直しですね。
 アメリカが入ることで韓国側のハードルを低くしたという効果はあったかもしれません。
 日中韓の三者首脳会談を開きたいという発言があったのと同じことで。

 アメリカ側から日本と韓国のラインというものは対中国の太平洋における絶対防衛線ともいえるので、かなり肩入れしているのが分かります。
 韓国の中国傾倒を防ぐためのくさびであるということもいえるかもしれません。

 日本側からしてみたら「もういいんじゃないの?」っていう感はあるのですが。
 ただ、スーダンでの銃弾の話を見ても現場レベルではけっこう現実的なのですけどね。

 あと法的拘束力がなかったら韓国なんてなにをやるか分かったもんじゃありませんよ。
 これまでRD-180を密輸しようとしたりしてきたのですから。

秋山久蔵御用控 無法者
藤井邦夫
文藝春秋
2014-09-12