大韓航空被害事務長、チョ・ヒョナ前副社長が残した紙切れ謝罪文を公開(ハンギョレ)
「大韓航空は社名変更を」 韓国サイトで署名活動(聯合ニュース)

大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョンア)前副社長が自社機の乗務員のサービスを問題視し、機内サービスの責任者を降ろして離陸を遅らせた問題で、同社の社名もやり玉に挙げられている。

  韓国の大手ポータルサイト、ダウムの掲示板では大韓航空の社名やロゴの変更を求める署名活動が展開されている。今回の騒動が海外でも報じられ、韓国に恥を かかせたため同社が社名を変更すべきだという主張だ。掲示板には署名を呼び掛ける書き込みが数件あり、17日までに約2000人が署名した。

 また、趙氏や大韓航空に関する記事のコメント欄にも社名変更を求める書き込みが相次いでいる。

 あるメディアは、政府が社名の「大韓」の部分を変更するよう求める方策を検討するだろうと報じた。

 これに対し、政府が社名変更を強要するのは不可能に近く、同社も自ら社名を変更することはないだろうという意見が優勢だ。
(引用ここまで)

大韓航空メモ

 画像はハンギョレが引用しているKBSの画面キャプチャから。
 メモの中味は「直接会って謝罪しようとしたけど会えないので行きます。 すみません」とのことで。

 このメモ書きが「バカにしている!」と韓国で話題沸騰なのですが。
 そうですかね?
 チャイムを押して不在だったときに、メモに手書きでさっとメッセージを書いて破いて投函しておくというのはそれほどの不作法ってわけでもないような。
 これが正式な謝罪文であるというのであれば、さすがに噴飯物ですが。

 もはやチョ・ヒョナ前副社長の一挙手一投足が気に入らない……というか、大韓航空自体が水に落ちた犬なのですね。
 堕ちたる両班はこうなるといういい見本です。
 現代の両班たる財閥に対して相当に不満がたまっていて、そのガス抜き弁として使われている節がありますね。

 大統領府からの文書流出で支持率が右肩下がりのパク・クネ政権がここぞとばかりに張り切っているのが目に見えるようです。
 最高のタイミングで身代わりの山羊がきてくれたのですから、そりゃ叩きますわな。

 「おまえらは『大韓』の名を使うな!」なんてのも「堕ちた両班」の文脈で語ることができるでしょうね。
 いま、最高にいけてる贄ですわ。

メインバーグ ゴートミルク 340g

メインバーグ ゴートミルク 340g
価格:2,322円(税込、送料別)