韓国経済、衝撃防ぐ「ゴールデンタイム」3カ月のみ(中央日報)
【コラム】韓国経済のゴールデンタイムが過ぎていく(1) (2) - (中央日報)

金利の時計の針は回り始めた。秒針が向かう1次目的地は来年4月だ。米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長がその月に開かれる連邦公開市場委員会 (FOMC)で利上げの議論を始めると予告したからだ。韓国経済が米国の利上げの衝撃に備える時間は3カ月ほどしか残っていないという意味だ。

家計負債の増加速度を遅らせ、市場に広まった「D(デフレーション)の恐怖」を事前に遮断するという宿題が、政府と韓国銀行(韓銀)の目の前にある。金利上昇に最も鋭敏に反応するのは家計の負債だ。出口を探すのは容易ではない。

今年9月末、家計の負債は1060兆ウォン(約114億円)を超えた。8月、政府の不動産貸出規制緩和と利下げの影響で、家計負債の増加ペースはさらに速 まった。銀行などを通じた貸出は今年10月の1カ月間に7兆8000億ウォン増え、韓銀が統計を出し始めた2003年以降、最も大きな増加幅となった。銀 行が自主的に貸出速度を調節するほどだ。

第2金融圏(ノンバンク)は危機を迎えた。住宅金融規制の緩和で担保貸出者が銀行に移り、信用貸出が増えた。負債償還能力も落ちている。信用回復委員会にワークアウトを申請した人は2012年の9万人から昨年は9万7000人に増えた。
(引用ここまで)
ゴールデンタイムとは何か。事故や事件が起きた時に人命を救助するのに決定的となる序盤の貴重な時間をいう。人命救助にゴールデンタイムがあるならば経済 を生かすのにも適期がある。この決定的時間を逃せば人命を救うのは難しく、経済を回復させるのも難しいのだ。呼吸が止まるほどの緊急状況に置かれた患者は ひとまず心肺蘇生術で呼吸と心臓拍動を取り戻した後に根本的な原因治療をするのが順序だ。最初の応急処置ができなければ患者を生かす見込みは最初からな く、後で原因治療をしっかりとできなくても患者を回復させるのは難しい。これを経済に例えれば、経済が自力で立ち上がれないほどの危機に陥ったら緊急な浮 揚策を使ってでもひとまず景気を回復させ、経済体質の改善や構造調整のような根本的な改革に出るものと説明できる。1997年の通貨危機の時と2008年 の金融危機の時がそうだった。

問題は現在それほどの危機状況かということだ。これに対しては経済専門家の間でも異なる見方が少なくない。ある人は景気がとても悪化しており、ひとまず緊 急な浮揚策を使った後に景気がある程度生き返れば本格的な構造改革に出なければならないという。これに対し他の人は昨今の景気低迷はこれまでの2回の危機 ほど緊迫した状況ではないとみて短期浮揚策よりも構造改革を進めるべきと主張する。崔ギョン煥式の解決策は実際前者に近い。ひとまず拡張的財政金融政策を 通じて下半期までに景気を回復させた後、来年から本格的な構造改革に突入するという構想だった。ところが短期浮揚策の効果が上がらず景気低迷が続き、あち こちから叱責が続いている。崔ギョン煥副首相の経済政策はすでに失敗したと断定するかと思えば、これからは浮揚策を引っ込めて構造改革に出なければならな いという注文が殺到している。

事実を言うなら崔ギョン煥経済チームの短期浮揚策はまともに展開されたこともなく、その結果景気が生き返ることもなかった。財政資金をさらに放出したわけ でもなく、金融側でも金利を下げたがお金が回らないので浮揚効果を上げることもできないのだ。その上に力を入れていた不動産対策も国会の立法処理遅延に妨 げられ効果は失われた。このため短期浮揚策にはまって構造改革ができないのが失敗の原因という指摘は見当違いだ。いま韓国経済が直面した最も深刻な問題は 低成長だ。ここには景気循環的な沈滞要因と人口構造変化、経済発展段階上の構造的な要因が複合的に作用する。短期的な沈滞を放置することもできず、経済の 構造改善から手を離すこともできないのだ。景気低迷をそのまま放置すれば経済回復の推進力を失い、構造的な問題を改善しなければ持続可能な成長動力を失う ためだ。それなら短期的に景気を浮揚するのと構造的な経済体質改善を選択的に区分し別個に推進する理由はなくはないか。短期的な浮揚策と中長期的な構造改 革を並行しようということだ。

低成長の固定化を仕方のない宿命として受け入れようとするならこれ以上話す言葉はない。しかしここで座り込んでしまえば韓国経済は再び立ち上がれなくな り、それでも何かをしようとするならなら、いまこそ経済回復と構造改善のゴールデンタイムだ。いま崔ギョン煥経済チームに与えられた課題は、いくらも残っ ていない経済のゴールデンタイムに景気回復と構造改善を調和させられる精巧なマスタープランを作り実行に移すことだ。散発的に個別の政策を乱発するのでは なく、景気回復と構造改善が互いに連係して相乗効果を出せる政策をまとめなければならない。そんな時間も多くは残っていない。
(引用ここまで)

 延々と引用しましたが、本当に辛い状況であることが判ります。
 というかセウォル号事故の間、これほどの空転はないよねっていうくらいに国会が空転していまして。
 それがどうにか一段落したら、大統領府から第三者が行政に関与しているっていう文書が流出してまた空転。

 けっきょく、今年の4月から8ヶ月にも渡って経済対策をひとつも出せていないのですよね。
 韓銀が市場の予想通りだった金利引き下げをやったくらい。

 でもまぁ、韓国の不況というのは構造的なものなのでちょっとやそっとのてこ入れでどうにかなるものでもなかったのですよ。
 構造改革が必要となるレベルのものなのですが、これまで雇用をないがしろにしてきたこともあってそのあたりを手厚くすると今度は企業に競争力が失われる。
 逆にいうのであれば韓国企業の競争力というのは韓国人の雇用を犠牲にして生まれてきたものなのですよね。
 財閥系に入れる全体の2%だけを優遇、その財閥系も早ければ45歳で肩叩き。
 役員になれなければ自営業に放り出されて借金積んで終了。

 こういった構造を変化させるわけですが。
 まあ、時間がかかる政策ですよね。
 で、その大事な時間=ゴールデンタイムが失われてしまったと。

 ついでにいえば来年の春以降に予定されているであろうFRBによる利上げに対しての対策もやらなくちゃいけない。
 無理なんじゃないかな、と素直に思いますが。
 特にパク・クネとヒョン・オソクをはじめとしたその配下になにができんのよって感じます。
 がんばって地下経済から2兆5000億円ほど税金を搾ればいいんじゃないかなー。