荒井信一氏「小倉コレクション返還で韓日関係改善を」(朝鮮日報)
 米寿の日本人学者が韓日関係の解決策を打ち出した。日本国内にある韓国の文化財返還に関する専門家、荒井信一駿河台大学名誉教授(88)は18日、ソウル国立故宮博物館の講堂で行われた記者懇談会で力強く語った。

 「1965年の日韓基本条約時の合意議事録を見ると、民間が保有する文化財を韓国に返還するよう奨励すると書かれている。小倉コレクションは現在、東京国立博物館に所蔵されており、国が所有する遺物の返還は難しいのが現実だ。しかし、10年前に東京大学が法人化した際に朝鮮王朝実録をソウル大学に寄贈したように、国立博物館も独立法人になったので、(東京国立博物館が)日韓国交正常化50周年を記念して小倉コレクションを返還するなら、両国関係は良くなるのではないだろうか」

 小倉コレクションとは、日本による植民地支配時代に大邱で電力会社を経営していた小倉武之助氏の死後、東京国立博物館に寄贈された約1000点に達する韓国の遺物・美術品などで、韓半島(朝鮮半島)に現存しない貴重な文化財が多数含まれている。

 荒井名誉教授は日本の右傾化を批判してき代表的な知識人だ。韓国文化財が日本に持ち出された経緯を長年追跡してきた日本人や在日韓国人などからなる「韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議」の代表世話人を務めている。2010年に朝鮮王室儀軌など宮内庁所蔵の図書が韓国に返還される際、衆議院外務委員会に参考人として出席し「文化財の原産国(韓国)への返還」を積極的に主張、貢献した。

 荒井名誉教授は「安倍政権は鎖国政策へと進んでいる。ナチズムを思わせる空気に向かっており、懸念される。対馬で仏像が盗まれたからといって、日本で反韓感情が高まっているわけではない。ほとんどの日本人は文化財に関心がない」と述べた。

 荒井教授は、先月29日に行われた韓中日文化担当相会合の中での韓日会談で、日本政府が「仏像を返してほしい」と要求したことについて「自分たちの物だから返してほしいと要求するのは無責任だ。韓国と日本は平和共存し、必ずや未来志向の発展をしなければならない関係だからだ。両国政府は話し合い、協力関係を通じて解決すべきだ」」と指摘した。
(引用ここまで・太字引用者)

 なわけあるか。
 日本人の本音はひとつ前のエントリにある外交に関する世論調査でもしっかりと出てますよ。
 もう日本人の韓国人に対する心証はひっくり返らないところまできちゃってる。

 荒川名誉教授さん、88歳になってすっかりボケちゃったんでしょうかね。現実の日本を受け止められなくなっちゃっているのかな。大丈夫ですかー、おじいちゃん。
 まあ、実際には強烈にヒダリなアレな人というだけなのですけども。
 平和ボケという意味ではボケているのは間違いありませんかね。

 返還なんかしたところで感謝のひとつすらされませんわ。
 朝鮮王室儀軌を「渡した」はずなのに、なぜか「返還された」に書き換えられていたっていう謎の国を相手にして。
 しかも、渡したままで博物館に死蔵
 こんな国に文化財返還して感謝されて、関係改善にとか頭の中にお花畑ができてるとしか思えませんね。