巨人たちの星に入ったという話はしましたが、もうだいぶ前の本であることもあってすっかり内容を忘れていたと思っていたのですよ。
 でも、一章の「ガメニアンから連続して連絡があったが〜」という部分を読んだ途端に、記憶が再構成されて「〜といったストーリーだった!」と思い出せたのですよね。
 ネタバレしないようにしているので分かりにくいかもしれませんが。

 忘れてるように思っていたのですが、脳の奥底深くに隠されていただけで実は覚えていたのですよ。
 それが再構成されて記憶として蘇るという経験はちょっと面白かったですね。
 いつもはなんとなくやっていることなのでしょうが、それを目の当たりにできたの楽しかった。

 あ、Kindleの日替わりセールでノンカーボダイエットの教科書ともいえる本がセール中。
 個人的にはローカーボは効いたので、こちらもまあお好みで。