日中韓外相会談の年内開催見送り 中国が早期開催に消極的(産経新聞)

  日本、中国、韓国が年内にソウルで開催する方向で調整していた3カ国外相会談が来年に先送りされることになった。外務省幹部が27日、明らかにした。年内 は中国の王毅外相の都合がつかず日程が折り合わなかったとされるが、「中国側が早期開催に消極的な姿勢を示している」(外務省幹部)との指摘もある。

 日中韓外相会談をめぐっては、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて北京で11月10日に会談した中国の習近平国家主席と韓国の朴 (パク)槿恵(クネ)大統領が「年内に開催する必要がある」との認識で一致し、安倍晋三首相も早期開催の意向を示していた。

 しかし「議長国」である韓国の李(イ)京秀(ギョンス)次官補が今月7〜8日に来日し、日本の外務省幹部に「中国側の事情」を理由に年内開催は困難との 見通しを伝えていた。李氏は中国側が安倍政権の歴史認識問題への対応を見極めた上で判断する姿勢を示しているとも説明したという。

 日本政府は年内に3カ国外相会談を行い、来年1月にも首脳会談を開催する道筋を描いていたが、その実現は遠のいたようだ。
(引用ここまで)

 パク・クネが提唱した年内の日中韓外相会談が見送り。
 年内会談云々以前に、実際に開かれるのかどうかも不明。
 当然、外相会談のあとに控えるであろうとされていた日中韓での首脳会談も無期といっていいレベルで延期されることになったわけですね。

 日本側からしてみたら、どうしてもやらなくてはいけないものでもありませんし。
 安倍政権から見えてくるのは、中国・韓国との外交関係が悪化しようがしまいがやることはやるっていう方針。
 その外交方針が気に入らないのは国外の人間だけではないようなのですが。
 それで絶対安定多数の議席を自民党で占めたのですから、なんの問題もないということですよ。

 韓国と首脳会談ができなくてもなんの問題もないということは分かっているので、ゆるゆると構えてもいいんじゃないかなーと思いますけどね。
 どうせ喫緊に話すような課題なんて、なにもないのですから。