議政府のマンション火災、スプリンクラー設置されておらず(中央日報)

年明け早々から大型火災が発生した。週末を迎えて自宅で休んでいた住民の被害が大きかった。火事が起きた建物は消防法上のスプリンクラー義務設置対象ではなかったことがわかり、これが被害を拡大したものとみられる。

10日午前9時27分ごろ、京畿道議政府市(キョンギド・ウィジョンブシ)の住居用オフィステルで火災が発生し、4人が死亡、99人が負傷した。負傷者は近くの病院に緊急搬送され治療を受けているが7人は重態だ。(中略)

火災が起きた建物にはスプリンクラーが設置されておらず被害を拡大した。議政府市関係者は、「該当のオフィステルは消防法上の消防設備義務化対象ではなかった」と話した。現行の消防法施行令は11階建て以上の建物にスプリンクラーの設置を義務化している。
(引用ここまで)

 「議政府」というのは地名です。同名の地下鉄駅もあったかな。
 ここでマンション火災があって、何人かが死亡した……と。

 通常なら楽韓Webではこういうネタは取り扱いしないのですが。
 10階建ての建物にスプリンクラーいらないんですって。
 以前から「韓国の繁栄は安全係数の低さに支えられている」という話をしていますが。
 それがこういう風にひょっこりと顔を出すのですよ。

 バスが爆発したり、船が沈んだり地下鉄が燃えたりビルが揺れたりね。

 そういう部分を少しずつ削っていって、競争力があるように見せかけているのです。
 削らないと競争力がないというべきか。
 その代償として、大なり小なりのセウォル号事故みたいなものが定期的に発生する。これはもう宿命というか、韓国の国家としてのシステムなので。
 で、起きる度に「後進国的事故がなぜ起きるのだ」って叫ばれるお約束。
 もう、しょうがないのですよね。

「この建物は倒壊しないだろうか」とか
「放火に巻きこまれないだろうか」とか
「このバスがガス爆発を起こさないだろうか」とか
「この地下鉄は追突されたりしないか」とか
「この建物にはスプリンクラーが設置されているのか、されていたとして作動するのか」

 というように日常に恐れを抱きながら生きていくしかないのですよ。韓国にいる人間は。