【萬物相】慰安婦削除、最大の被害者は日本の子どもたち(朝鮮日報)
 「過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となる」。ドイツ統一の立役者の一人、ヴァイツゼッカー元ドイツ大統領が言った言葉だ。こうした言葉を日本の政治指導者たちに聞かせることが「馬の耳に念仏」になって久しい。かつては首相を務め、今は副総理という立場にある人物が「(日本の再武装を念頭に)ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わってナチス憲法に変わっていた。あの手口を学んだらどうかね」と堂々と述べる国が日本だ。

 過去に目を閉ざして現在が見えないのだから、きちんとした将来設計ができるはずがない。まともな人なら子どもたちに「私はかつて過ちを犯したが、おまえたちはそんなことをするな」と教える。それが子どものためになる。ドイツは敗戦直後からそのようにして、子どもたちを世界市民に育て上げた。戦争や葛藤(かっとう)のあった隣国と和解し、ヨーロッパの中心国家に生まれ変わった。

 日本のある教科書出版社が高校の公民教科書で従軍慰安婦や労働者の強制連行に関する内容を削除することを決定、日本の文部科学省はこれを承認した。今は高校教科書検定の時期ではない。既に使用されている教科書内容を出版社が「自主的に」削除したというのは尋常でない。日本の政界と保守勢力の合作で、日本社会全体の右傾化ムードが出版社に圧力となった可能性がある。今回の件をきっかけに、日本の小中学校に続き高校の教科書からも、表向きだけだった記述すら消えるかもしれない。間違った歴史教育の最大の被害者は、育ち盛りの日本の子どもたちだ。
(引用ここまで)
 韓国人が「日本の子供たちが犠牲者だ」と言い出したということは、日本の子供たちにとっていいことなのだと断言できるわけです。
 日本と韓国の利害はいまや完全に対立関係にあることが理解できますね。
 首脳会談がなくても困らないのはこの対立関係に陥ったことが最大の理由です。

 「ナチスと旧日本軍を同列に語って、かつドイツはそこから反省したのに日本はそうしていない」っていうロジックはもう通用しないのですよね。
 前提条件が異なっているのですから。
 国際的な広報合戦ではまだ負けているのは実際でしょうが、これからじわじわとでよいので日本の主張を広めていく必要がありますね。

 日本国内でも世論が割れていた……というより、興味を持たれなかったのだからそりゃ広報合戦だって負けますわ。
 でも、朝日新聞の記事取り消しからこっち、本当に風向きが強力に変わっています。
 20年来、いやそれ以上のウォッチャー歴を持っていますが、これほどまでに世論に支えられていることはなかったと思います。
 ゴー宣で慰安婦問題を取り上げたときも、これほどに厚い世論はなかったですね。

あれからもう17年かぁ……。