アジアカップガイドブックに「旭日旗」がある(マイデイリー/朝鮮語)
オーストラリアで開かれている2015アジアカップの公式ガイドブックに日本軍国主義の象徴である旭日旗のイメージが含まれている。今回の大会の主催国であるオーストラリアも太平洋戦争の被害国であるという点で、この事態が理解しがたいものとしている。

パンフレットの中頃に各国のサッカーファンの画像が掲載されており、日本のサッカーファンが「旭日旗」の形でフェイスペイントした画像が含まれている。このパンフレットは今回大会を紹介する公式なものであり、空港はもちろん、競技場で各国のサッカーファンと記者団に配布されている。

「旭日旗」は、日本軍国主義の象徴として、第二次世界大戦当時、ドイツのナチの象徴である「ハーケンクロイツ」と一緒に侵略戦争を起こして使用していた旗である。

今回の大会が開催されるオーストラリアは「ソロモン海戦」、「珊瑚海海戦」、「ガダルカナル島の戦い」など数多くの戦争で「旭日旗」を前面に出して侵略してきた日本軍に対抗して命をかけて連合軍に参戦した国である。

ドイツナチスの象徴である「ハーケンクロイツ」の使用が厳しく禁止されていのに比べて、「旭日旗」は侵略の歴史を否定する日本の極右派や歴史的な認識が不足している若い日本サッカーファンたちが応援に使用している。特に今回の大会の日本チームのユニフォームにも胸の部分の日の丸で広がっていく11の輝くパターンが「旭日旗」を連想させることで議論がされている。

主催国オーストラリアをはじめ、参加国である韓国、中国との戦場となった東南アジア諸国にとって「旭日旗」は、数多くの命を奪った侵略戦争の象徴であり、同時に忘れられない痛む傷である。そんなイメージが東アジア祭りを知らせる公式ガイドブックに含まれているのは、実に惜しい。
(引用ここまで)
asiacup2015

 画像はマイデイリーの記事から。
 オーストラリアがこうやって扱っているっていうことは、原則として気にしていないということなのですよね。
 そもそもが自衛隊も使用している準国旗ですし
 使用ができないっていうなら明白な理由を持ってこいってだけの話で。

 そして、オーストラリアは「韓国が旭日旗を嫌っている」ことも気にしていないってことも分かるのです。
 まるで世界的に普遍的な価値観であるかのように言ってきていますが、monKIことキ・ソンヨンが頭の悪い言い訳をする前には、韓国ですらほとんど気にしていなかったのに。

 あえていうなら中国では「日章旗風デザインの服を着たモデルが吊し上げられる」みたいな話はあったような気がしますが。
 それでも韓国ではなんらリアクションなし。
 まあ、自分たちの記録だけじゃなくて記憶も都合よく書き換えてしまう人たちなので、しょうがないですかね。