サッカー:B組1位の中国「8強戦、豪より韓国がいい」(朝鮮日報)

 オーストラリアで開催中のサッカーのアジア・カップで、2連勝してB組1位を確定させた中国代表に注目が集まっている。同大会で優勝経験のない中国は、準優勝した2004年以来11年ぶりに決勝トーナメント進出を決めた。

  韓国は、17日午後6時(韓国時間、以下同じ)に行われるグループリーグ第3戦のオーストラリア戦で引き分けるか負ければA組2位となり、準々決勝(22 日午後7時30分、ブリスベン)で中国と対戦する。反対に韓国がオーストラリアに勝ってA組1位となれば、オーストラリアが中国と対戦することになる。中 国代表を率いるフランス人のアラン・ペラン監督は「準々決勝でオーストラリアとは当たりたくない」と述べ、韓国のサッカーファンのプライドを刺激した。

  中国は長い間韓国に勝てず、一時は「恐韓症(中国が韓国サッカーに対して抱いている恐怖感)」という言葉まで飛び交っていたが、2010年の東アジア・ カップで韓国が中国に32年ぶりに敗れて以降、状況が一変。このとき韓国は中国に0−3で完敗した。その後、韓国と中国は13年の東アジア・カップで1度 対戦し、0−0で引き分けた。中国は最近の国際Aマッチ10試合で6勝4分けと黒星がない。
(引用ここまで)

 ま、そりゃそうだわな。
 オーストラリア代表は他のアジア勢とはちょっと違うので、戦いづらいというのが実際です。
 それをいうなら中東勢もちょっと違うのですが、フィジカルの強さがないのでまだ戦いやすいですかね。

 ただ、日本の場合はちょっと違っていて、誰だったか「韓国は日本を相手にすると変な力を出してくる」って話をしていました。
 それ以前にラフプレーが危険なので、韓国よりもオーストラリアのほうがいいですかね。
 スパイクに「教科書」って刻んでプレイしていた輩とか、猿の物まねをしていた猿とか、独島プラカードを掲げていた輩とかいたでしょ?

 ああいうのを含めて、相手をしたくないっていうのが実際の気持ちなのですよね。
 勝ってもうるさいし、負けてもうるさい。
 だったら戦わないのが最良の選択肢。
 サッカーに関しては中国と戦うほうがまだマシですね。