<大リーグ>姜正浩、ピッツバーグとの契約が確定(中央日報)

姜正浩(カン・ジョンホ、28、ネクセン)の米メジャーリーグ進出が確定した。ピッツバーグ・バイレーツと契約を完了した姜正浩は韓国プロ野球からメジャーに進出した最初の野手となった。

ピッツバーグは17日、姜正浩と「4+1年」契約に合意したと公式発表した。

契約総額は現地メディアで伝えられた通り1600万ドル。4年契約後、球団が2019年のオプションを行使する条件まで追加し、最大契約期間は5年。姜正 浩は4年間で1000万ドルが保証される。2019年には球団が契約を解約する場合(バイアウト)100万ドルを受け、球団のオプション行使でピッツバー グに残る場合は500万ドルを追加で受ける条件だ。
(引用ここまで)

 ……?
 ???

 年俸が4年総額1000万ドル。
 契約終了に伴うバイアウト行使なら4年総額1100万ドル。
 500万ドル払ってオプションを行使なら5年総額1500万ドル。
 どっちにしたって総額1600万ドルにはなりませんが。
 というか、これだったら「4年総額1100万ドルで球団側オプションあり」が実際でしょ。
 ESPNもそうして報じています。

Jung Ho Kang, Pirates finalize deal(ESPN/英語)

 で、ESPNの記事では監督のコメントとしてマイナーに落とすつもりはないけども、内野のユーティリティとして使うだろうという話が出ています。
 セカンド、ショート、サード、それぞれの控えって感じですかね。
 スプリングトレーニング(オープン戦)で見切られなければ、ですが。

 最終的には年俸は250万ドル。バイアウトを含めても275万ドル。
 300万ドルだった中島以下ですね。実際の評価っていうのはこんなもんなんでしょう。