大韓航空前副社長がまたウソ? 航空機移動中と認知(聯合ニュース)
チョ・ヒョナ、航空機が移動中なのを知りながらナッツリターンさせていた(ハンギョレ)

 大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョンア)前副社長(航空保安法上の航空機航路変更などの罪で起訴済み)が離陸直前だった自社機を引き返させて機内サービスの 責任者を降ろした事件で、趙氏がこれまでの主張とは異なり、航空機が出発のため移動しているのを知っていたことが16日までに分かった。

 聯合ニュースが入手した起訴状によると、先月5日(米東部時間)、米ニューヨークのケネディ国際空港から仁川に向かう大韓航空KE086便のファースト クラス席に搭乗していた趙氏は、女性乗務員のナッツの出し方が間違っていると責め、「ひざまずいて(サービスのマニュアル)探せと言っている。サービスマ ニュアルもまともに知らないのなら連れて行かない」と怒鳴った。その後、ファーストクラスの入り口まで行き、機内サービスの責任者であるパク・チャンジン 事務長に向かって「飛行機をすぐに止めろ。この飛行機は飛ばさない。直ちに機長に飛行機を止めるよう連絡しろ」と、停止を指示した。

 同機はすでに空港の第7ゲートから誘導路方向へ進んでいるところだった。そのためパク氏が、滑走路に差し掛かっており止めることはできないとして引きと めたが、興奮状態の趙氏は「関係ない、私にたてつくのか、誰に向かっての口答えか」「私が止めろと言っている」などと3〜4度大声を上げた。

 これまで趙氏は航空機が動き始めていたか分からなかったと一貫して主張し、航空保安上の航空機航路変更の罪を全面否認してきた。

 趙氏はマニュアルを自分で確認してようやく、女性乗務員がマニュアル通りのサービスを行い、勘違いをしていたのは自分だったことに気付いた。すると、今 度は怒りの矛先をパク氏に向けた。パク氏が最初からきちんと答えなかったために女性乗務員が怒られることになったとしながら、「責任はあんただ、降りろ」 と怒鳴り、パク氏を力任せに入り口の方へ押しやった。 (中略)

 起訴状によると、調査初日の先月8日、趙氏は大韓航空の常務(起訴済み)に電話をかけ、報道で航空法違反の有無が取り上げられているとしながら、最終決 定は機長がしたものだと言い含めた。また、世論の沈静化を図るため、事件は趙氏でなくパク氏によって引き起こされたという趣旨のうわさを、乗務員でつくる 組織を通じて流すことも指示した。常務は指示に従うとし、電子メールで状況を随時報告した。
(引用ここまで)

 キャビンアテンダントのサービスがマニュアル通りのものであったことは既報ですが。
 最初は「チーフパーサーがマニュアルをタブレットPCから見つけられなかったので激怒した」ってことになっていたのですが、実際にはそうではなかったと。
 マニュアルを自分で確認して、CAのサービスが正しかったことを知ったら逆ギレで「すべておまえが悪い!」とパーサーを叩きだしたっていうのが真相だった。
 で、「飛行機が滑走路への向かっていることは知らなかった」としていることも嘘で「走り出していようがなんだろうが知ったこっちゃない」と、機を戻したというのが真相。
 国土部の聴取に対して自分が根回しはしていなかった、常務がすべてやっていたという話も嘘。

 隅から隅まですべて虚偽。
 当初、大韓航空は「副社長はサービスを充実させるための、当然の行動を取っただけである」っていうリリースを発表していましたが。
 いやぁ、ここまでメチャクチャだったとはちょっと想像が及ばない話でした。

 人というのはこういう事件を目にしたときに、自分の中の常識で推し量ろうとしますよね。
 うちもそれは同様で、「財閥の子女は現代の両班」であるという認識はあったのですよ。ですから相当に無理筋を通そうとしていたのであろうということは頭では理解していたのです。  それでも、どうしても自分の中における常識の範囲内で事件を見てしまうもので。

 でも、考えてみたらハンファの会長は自分の息子のけんかにボディーガードを引き連れて出て行ったりしていましたし、ポスコの重役は大韓航空機の中で大暴れしていました
 李氏朝鮮の両班が現代に蘇ったとしたら、このくらいやっても普通なのですよね。

 そういう文化的な背景をちゃんと考えれば「サービスマニュアルを知らないのなら連れていかない」とか、「この飛行機は飛ばさない」みたいな機を私物化しているところまで予想できたはず。……いや、無理かなぁ。さすがにここまでメチャクチャだと。
 まあでも、ウォッチャーとしてはこういう「財閥のトップによる横暴な態度」というものの具体的な事例が入手できてちょっとありがたいです。