朴大統領支持率ワースト35%=支持基盤に揺らぎ(朝鮮日報)
朴大統領支持率が就任後最低の35%(ハンギョレ)

 韓国ギャラップが16日に発表した定例の世論調査で、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の国政運営支持率が、就任後最低値を記録した。「評価する」という評 価は、先週の40%から35%に下落した一方、「評価しない」という評価は51%から55%に上昇し、支持・不支持の差は11ポイントから20ポイントに 拡大した。「不支持55%」もまた、就任後最大の値になる。

 朴大統領の支持率は、昨年12月末に韓国大統領府(青瓦台)の文書流出問題の影響で37%まで下落したが、1月初めには40%に回復していた。しかし今 月12日の記者会見の後、再び下落傾向となった。年齢別では、20代(13%)、30代(20%)、40代(32%)、50代(43%)で5割未満とな り、60代以上だけが62%だった。中心的支持基盤の大邱・慶尚北道(44%)での支持率も5割に届かなかった。先週の調査での年齢別支持率は、20代 (20%)、30代(21%)、40代(32%)で50%を下回り、50代(51%)と60代以上(69%)では支持率50%以上だった。同じく先週の調 査で、大邱・慶尚北道地域の支持率は59%だった。

 朴大統領の支持率下落は、新年の会見に対する否定的反応が影響したと分析されている。
(引用ここまで)

 延々と右肩下がりだったパク・クネの支持率だったのですが、1月頭にナッツ姫を逮捕拘束してちょっと持ち直していたのですよ。年末に37%まで落ち込んでいたのが、1月第1週では40%にまで回復していました。

 でも、財閥のトップを生け贄に差し出したのに、年頭会見が不評で35%まで下落。
 けっきょく、先週の上昇もノイズとしてかき消されるくらいのものとなってしまいました。
 ハンギョレのほうのグラフを見てもらうと、11月の半ばくらいから支持率、不支持率が逆転してワニの口が開き始めて、それからは開く一方。

 数字の中味を見ると、これまで鉄板の支持層だった高齢者からも見放されつつあるというのが現実のようで。
 50歳代否定的評価が上回って、60歳代でも62%と就任以降最低の数字なのだそうです。
 20歳代の支持率13%っていうのもすごいな……。

   ノ・ムヒョンは任期を1年残して支持率5.7%という凄まじい数字を叩きだしていましたが、それでも3年目の5月くらいまではまだ30%台後半で推移していたのですよ。
 あのノ・ムヒョンですら、3年目の半ばまで40%前後だったのです。
 ……つまり、とうとう韓国人はノ・ムヒョンを超える人材に手を出してしまったということですか。
 そんな人材ですが、まだ任期は丸々3年残されています。