嫌韓ムード拡散で韓国製即席めんも食べない日本人(中央日報)
日本で嫌韓ムードが拡散し、韓国製即席めんもそっぽを向かれている。これまで韓国製即席めんの最大の輸入国だった日本の輸入量が3年間で半分になった。

業界と韓国農水産食品流通公社の農水産食品輸出支援情報によると、昨年の日本への即席めん輸出額は2447万9000ドルとなった。これは2013年の3200万1000ドルと比べ23.5%の減少となる。輸出量もこの期間に7474トンから5534トンに26%減少した。

日本に輸出される即席めんは2009年の7930トン(2909万2000ドル)から2010年に9490トン(3905万3000ドル)に増加し、2011年が1万1405トン(5278万2000ドル)でピークに達した。その後2012年が8681トン(4293万1000ドル)、2013年が7474トンと減り始め、昨年は5534トンと2011年の半分水準に落ちた。

これにより、昨年の韓国製即席めんの最大輸入国も日本から米国(7135トン、2610万5000ドル)に変わった。

業界は安倍晋三首相が就任した2012年12月を前後して日本で嫌韓ムードが広がった影響が大きいと分析した。
(引用ここまで)

sinramyon

 んー、まあ確かに韓国製品を手にしないという風潮はありますよね。
 でも、それが韓国製インスタントラーメンの輸入が減った主因ではないように思います。

 そもそも2011年の韓国製インスタントラーメン輸入が増えたのは「東日本大震災」という特需があったからです。
 辛ラーメンは猫またぎされていましたが、消費者段階で売れたかどうかは関係なく、輸入量は増えたはずです。
 なので2010年とかそのあたりの規模に戻るのはむしろ当然なのですよね。

 で、2014年実績はさらに落ち込んでいるのですが、これは「食品として淘汰された」という要因も大きいんじゃないでしょうかね。
 マッコリと同様で。基本的に日本人の好みの味ではないというのがあると思います。

 で、3番目の理由として嫌韓かなと。根拠はないですが、感覚として。
 需要落ちこみを加速させた添加剤くらいなもので、それが主要因ではないんじゃないかなと。
 震災需要からの揺り戻し、日本人の舌にあわなかった(なにせ流通停滞で棚が空になっても余ってたほど)、そして嫌韓感情の順序ではないかなーと思います。

 日本人の食への厳しさは尋常じゃないのですよね。
 もし、日本人の舌にあったのなら嫌韓感情云々なんて抜きにして輸入量は拡大されていたでしょうけども。残念なことにそうじゃなかったというだけですよ。