“韓国製造業の心臓”蔚山が病んでいる(1) (2) - (中央日報)
蔚山(ウルサン)石油化学産業団地に位置する大企業S社のスチレンモノマー工場。景気が良い時はスチロフォームの中間財であるスチレンモノマーを年間26万トン生産していたが、昨年7月に完全に稼動を止めた。工場を作るだけで1700億ウォン(約185億円)がかかった大規模施設だ。工場の稼働が中断し関連従業員は他の部門に異動させた。現在は32人のうち8人だけが残り最小限のメンテナンス作業をする。この工場の稼動責任者を務めるチーム長のキム・ジュンホ氏は「いつ再稼働するかもわからない工場だ。残念なだけだ」と苦笑した。事情は周辺のテレフタル酸(TPA)生産工場も同様だ。TPAはペットボトルの原材料になる中間素材だ。年間52万トンを生産したこの工場もやはり現在は完全に止まっている。98人いた従業員もやはりばらばらになった。この工場のイム・グハ生産チーム長は、「中国の合成繊維原料自給率は2013年に61%だったが1年ほどで90%台半ばに上昇した。稼動すればするほど赤字がかさむためやむを得ず工場を止めている」と話した。

40年間にわたる好況に頼っていた韓国の産業首都蔚山の勢いが衰えている。石油化学と重工業が大規模受注不振と輸出減少により重患者のような状況を免れられなくなっている。どうにか自動車産業が持ち堪えている。蔚山経済の3本の軸のうち2本がその役割を果たせずにいるのだ。

不況の谷間が最も深いのは石油化学だ。ナイロンの原料であるカプロラクタムを生産するカプロは2013年10月に3カ所の工場のうち1カ所の稼動を完全に中断し、昨年8月にはもう1カ所の稼動率を20%台に下げた。この会社は2012年に2万964トンのカプロラクタムを中国に輸出したが、2013年には輸出量が99.8%も減少し厳しい状況に追い込まれた。 (中略)

あるプラント業界関係者は、「韓国の石油化学企業を先進国と比較すると、基礎技術力は20%にも満たないが、プラント運用技術だけは世界のどの国にも遅れをとらない。競争力を支えるプラント運用能力まで海外からの引き抜きで流出しており、このままでは製造業全体が枯死するのではないかと心配だ」と話す。

実際に韓国屈指のある化繊メーカーは数年前に自社の核心エンジニアが中国企業に転職し、自社の主力プラントとその中国企業が新たに建てたプラントが95%以上酷似していたという事実にあっけに取られるほかなかった。

問題は稼働を停止する工場が蔚山だけの特異な現実ではないという点だ。ポスコのマグネシウム製錬工場と現代製鉄の鉄筋生産ライン、大邱(テグ)の繊維加工メーカーのウリム捺染などこの1年間に稼働を止めた生産施設は数え切れないほどだ。

現代経済研究院のペク・ダミ専任研究員は、「韓国の主力産業の競争力を回復するためには主力産業の高技術・高付加価値化が必要だ。核心新素材と部品、融合複合新技術製品のように中国の追撃が困難な新規主力産業を育成しなければならない」と話した。
(引用ここまで)

 韓国で今もっとも危険とされている石油産業の現在地点が記されていたのでチェックすべき記事。
 カプロラクタムを製造していた韓国カプロの対中国輸出が99.8%減であるというのはよく知られていましたが、その他にも悲惨としかいいようがない事例がいくつも出ています。

 ひとつのパターンが中国が原材料製造ができるようになってしまって、韓国企業はもうお役ごめん。
 記事中に「韓国企業は基礎技術力は先進国の20%ていどだが、プラントの運用技術だけは先進国並」という記述があります。
 で、そのプラント運用技術者を引き抜かれて、中国に同じ工場を作られて終了、と。

 なんだ、いままで韓国がやってきたことそのままじゃないですか。
 基礎技術や開発はまったく無視。特許すら無視。
 応用の上澄みのおいしいところだけを持っていって、必要なら人材を引き抜いて技術をぶっこ抜き。
 とにかく製造だけに特化しているから利益率も高い。

 それとまったく同じことを中国にやられて、人件費での争いになって詰み。
 他の企業が真似しようと思えばできることしかやってこなかったのですから、そりゃ自業自得というものです。
 記事の最後に「付加価値を持った製品を作らなければじり貧だ」ってありますが、そんなことをやったことがないんだからできるわけがない。
 そもそもの企業体が開発をするためのものじゃないのですから。
 いかにして安く中間材料を作るかだけに特化されてきて、その構造を覆されてしまった以上はもう詰みなのです。

 開発に特化して特許のライセンス事業に専念とか、圧倒的な先進的技術を誇るとかそういう志がなければ通用しないところにきたのに、そういうことができない「先進国モドキ」という存在に甘んじていたツケ。
 21世紀に入ってから10年以上は猶予があったはずなのですけどね。
 その間、ただ中間材を作っては売るだけを繰り返してきたらそうなりますわ。
 企業が存続しているうちに、また韓国政府の財政が破綻してバカみたいなウォン安になることくらいしか復活の芽はないと思いますよ。……はっ、その手が!?

海賊とよばれた男(1)
百田尚樹
講談社
2014-06-23