「IS日本人人質事件、安倍首相の政治的打撃にならず」(1) (2) - (中央日報)

イスラムのスンニ派テロ集団イスラム国(IS)の日本人人質拘束事件が、安倍晋三首相にとっては政治的打撃にならないだろうという韓国内のシンクタンクの 分析が出てきた。むしろ安倍首相がより一層強く自衛隊の軍事活動の拡大を推進する大義名分と追求力を確保することになったという指摘だ。峨山(アサン)政 策研究院のボン・ヨンシク専任研究委員は27日、発表資料「IS日本人人質事件で弾みつける自衛隊の役割拡大論」で「日本政府は小泉内閣の時からテロ集団 に身代金を支払うのは海外の日本人を拉致の危険にさらす恐れがあるという立場を徹底的に守っていた」として「日本政府がテロ犯の要求を受諾する確率は高く ない」と説明した。

また「人質事件が不幸な終わり方をする場合、安倍首相が政治的に大きな打撃を受ける可能性はない。日本国内の世論は安倍政権の中東外交と人質対応について 批判していない」と話した。ボン専任研究委員はその背景として日本の「迷惑かけるな(他人に迷惑をかけることを優先的に避ける行動)」という情緒を挙げ た。「日本国民の大多数は、政府の警告にもかかわらず危険な個人行動をした人質当事者に最終責任があるのではないかというあきらめ的な立場を取っている」 としながらだ。
(引用ここまで)

 イスラム国による日本人人質事件を見る視点の最初が「安倍首相の政治的な打撃になるか否か」というところにあるっていう。
 本当に安倍首相が嫌いなんですねぇ……。
 ま、それは日本の一部勢力にも同じことが言えるのですが。

 今回の人質事件がどういった終焉のしかたをするかは見えていませんが、安倍政権にとってプラスの方向性をもたらすものとなるでしょうね。
 オプションが少ないことから、解決手段が取れない苦しさがあったのは間違いないところで。
 特殊部隊を突入させて救出させるなんて手段は実際に取るかどうかは別として、相手がそれをまったく考慮せずに動けるっていう時点で自ら片手を縛っているようなもんです。
 そのあたり、多くの国民が「ああ、このままじゃダメなんだな」という理解が拡がったと感じます。

 集団的自衛権にしてもそうですが、日本が普通の国として振る舞えて、かつそれ受け入れられることがたまらなくイヤなのですよね。
 ま、残念なことに韓国のそういった考えとは真逆の方向に世界と日本は行っているわけですが。