朴大統領、支持率が就任後最低値を記録(中央日報)
韓国ギャラップが30日に公表した1月第4週(27日〜29日)の世論調査で、朴大統領に対するポジティブ評価は29%、ネガティブ評価は63%だった。先週の調査に比べてポジティブ評価は1%ポイント下落、ネガティブ評価は3%ポイント上昇し、2013年2月の就任以来、最も低いポジティブ支持率と最も高いネガティブ支持率を記録した。3週連続でポジティブ最低値、ネガティブ最高値の記録を更新したのだ。朴大統領をネガティブ評価した理由としては「疎通不十分」(16%)と「税制改編案・増税問題」(16%)を挙げる場合が最も多く、「人事問題」(14%)がこの後に続いた。

李完九(イ・ワング)首相候補者に対する質問には39%が「適している」、20%が「適していない」と回答した。だが、立場を留保した回答も41%に達した。
(引用ここまで)

 ノ・ムヒョンを斬って捨てた勢いで、過去最高(というか最悪というか)の盧泰愚に迫る勢い。
 先週に比べたら微減ですけどね。

 最大の問題は記事中にあるように「増税問題」。
 詳しくはシンシアリーさんところのエントリを参照してもらうとして。
 大統領選挙時に「経済民主化で財源を掘り起こす。福祉は厚くするけど増税しない」という公約を掲げていたのです。
 それが実質的に増税になったことで韓国内でけっこうな騒ぎになっていて、それでなくても支持されていなかったパク・クネの支持率低下に拍車をかけたということなのですね。

 やっぱりお金に関してはてきめんに効きます。それも事前にほぼなんのアナウンスもなしでしたから、サプライズ効果もたっぷり。
 そもそもが増税なしで財源を掘り起こして福祉を厚くするなんて無理に決まっているのですよね。
 先日はサブプライムローンにそっくりな金融商品を売り出そうとしていましたが、日本の民主党が失敗した埋蔵金探しもやっていたのですよ。いわく「地下経済から2兆5000億円の追加課税が可能」とか。
 失敗にはそれぞれ原因があるのですが、それを顧みないで思いつきだけで政策決定するから……。

 ま、ウォッチ対象とするには面白いですけどね。
 支持率を追うだけでもこんなに楽しめるなんて、素晴らしい大統領じゃないですか。

ニッポン埋蔵金伝説
イースト・プレス
2013-10-11