韓国前大統領回顧録の秘話公開「朴政権が分かってないから」(聯合ニュース)
 韓国の李明博(イ・ミョンバク)前大統領が来月2日に出版する回顧録は外交・安保分野のことを詳しく記しており、南北接触の秘話などを明かしたことに批判の声も上がっている。これに対し前政権で青瓦台(大統領府)広報首席秘書官を務めた金斗宇(キム・ドゥウ)氏は30日、「(外交・安保分野を)朴槿恵(パク・クネ)政権がよく分かっていないようだから」と述べた。

 金氏は聯合ニュースの取材に対し、外交・安保分野の記述について、2013年2月の政権交代に伴い情報機関の国家情報院や外交部などの上層部が交代したため、前政権で外交や安保がどのように進められていたか分かっておらず、これを正確に伝える必要があったと説明した。
(引用ここまで)
大統領の時間


 パク・クネがなにも理解していなくて、やることなすことなっちゃいないんで教えてあげるために回顧録「大統領の時間」を書いた……というよりも書かざるを得なかったって話にしようとしているわけですね。
 支持率がこれだけ低下したパク・クネであれば叩いてもOKってことなのでしょう。

 実際問題、外交に関してパク・クネ政権がやったことって中国と一緒になって「日本の集団的自衛権に反対する!」って言ったくらいですよね。で、アメリカから「おまえはなにを言ってるんだ」と冷徹な目で見られたくらい。
 もしかしたら日本関連以外のところでは得点を重ねているのかもしれませんけどね。
 ……それはないか。

 ま、実際にはこの2月から資源外交に関して韓国国会の国政調査が入るので、それに対しての対抗措置ってところなのでしょう。
 「いらんところに言及するならさらにやるぞ」という脅しでもあるんじゃないかなー。

 日本の出版社も刷るというリスクを避けて、電子出版だけで出したりしないかなぁ。
 やってくれたらうちで大宣伝するんだけどなぁ……。

李明博自伝 (新潮文庫)
李 明博
新潮社
2008-09-30