大赤字のF1韓国GP 組織委員会が解散へ(聯合ニュース)
 韓国南部の全羅南道・霊岩で2010年から13年まで開催された国際自動車レース、フォーミュラワン(F1)韓国グランプリ(GP)の大会組織委員会が解散することが8日、分かった。

 この先、韓国GPを開催しないことを決めたためで、解散の時期はF1グランプリを統括するフォーミュラワン・マネジメント(FOM)と韓国GPの不開催に伴う交渉が決着すると予想される上半期中になる見通しだ。

 組織委は2009年12月に発足。2012年6月、韓国GPの運営法人だったKAVOから開催権を譲り受け、12年と13年の2回にわたり韓国GPを開催した。10年と11年はKAVOの主管で開催していた。

 組織委は12年(総観客数16万4000人)に386億ウォン(現在のレートで約41億5000万円)、13年(同15万8000人)に181億ウォンの赤字を計上し、全羅南道に巨額の損失を負わせた。

 全羅南道が多額の赤字や劣悪な財政状況を理由に、昨年に続き今年も韓国GPを開催できないと発表したことから、同道がFOMから提訴される可能性もある。

 道は韓国GPを開催しない場合、開催権料4300万ドル(約50億4000万円)を違約金として支払う義務を負う。
(引用ここまで)
are1

 おやまぁ。……って当然といえば当然ですけどね。
 韓国の西南の果てにある木浦からまたタクシーを飛ばして30分。
 地の果て感がハンパない、不動産投資を失敗した場所へわざわざF1を持ってくる理由がない。 詳しくは韓国インターナショナルサーキット訪問記をご覧ください。

 いろんなライターが「言うほど悪くない」って繰り返し言っていましたが、ドライバーレースディレクターも、今宮純さんも切って捨てていたGPでしたからね。
 韓国GPから日本GPへと続く、地獄から天国への脱出GPも楽しくはあったのですが、実際問題としてやらされているドライバーにとっては冗談ではなかったでしょうし。

 それよりなにより、サーキット近くのヒュンダイ財閥傘下のホテルでウィークエンドをすべてのドライバーがひとつ屋根の下で過ごすことになって、4日間ほとんど同じような食事を食わされる。
 地獄のような日々だったとのことですわ。

 ま、とりあえずチームとドライバーにとってはほっとできるニュースで、うちにとってはネタがひとつ少なくなるというニュースですね。

 F1の招致委員会は韓国インターナショナルサーキット内にあったのですが、それが消滅するということはサーキットのほうもどうなるのかなぁ……って感じですか。
 まあ、韓国国内で国際格式のある唯一のサーキットみたいですし?

 もうひとつの国際格式サーキットであるインジェサーキットはいまだに目鼻ついていないようですし。
 サーキット自体の運営は続けるのでしょうね。たぶん。
 なにを開催するのかよくわかりませんが。 

 50億円の違約金ですが、WRCでのヒュンダイのようにうやむやにするんじゃないですかね。
 そもそも、この組織委員会の資本金が300万円くらいしかなくて、それ以上の請求はしてもむだ、みたいに話していましたが……。