平昌五輪:新設競技場6カ所、間に合わない可能性も(朝鮮日報)
 江原道江陵市に建てられる鏡浦スピードスケート競技場は、新設競技場の中で最も遅い昨年10月に工事が始まった。工期短縮のためさまざまな方法が動員された。「緊急入札」方式で通常約3カ月かかる入札過程を2週間に縮めた。設計が終わってから着工するのが一般的だが、設計と同時に整地などの土木工事を同時進行させている。

 工事を急いでいるのは、「テストイベント」の日程に合わせるためだ。五輪開催地は開催1年前に競技場施設や運営状況をチェックするため、開催地の競技場でテストイベントを行わなければならない。平昌の場合2017年2月に全種目のテストイベントを行うことになっている。

 工事は一見、順調そうに見える。設計は41%、土木工事は58%が完了し、全体の工程率は6%に達する。江原道と組織委員会は、「現在の状況なら17年2月の完工が可能で、テストイベント日程にギリギリ間に合わせられる」と話す。

 ほかの新設競技場5ヵ所は日程通りに行けば16年10−11月に完成する見通しだ。しかし、これは今後、ほかの外部的な要因など不測の事態が発生しなければの話だ。大会開催に必要な最小限の工事期間、つまり「絶対工期」しかない「がけっぷちの状況」なのだ。 (中略)

 新設競技場6カ所のうち、再利用計画が確定しているのはわずか2カ所だけだ。関東大学体育館として再利用される関東ホッケーセンターと、江陵市の生活体育施設として使われる江陵アイスアリーナだ。

 残り4カ所は事実上の白紙状態で、議論が続いている。当初、「大会後は撤去」という方向でまとまりつつあった鏡浦スピードスケート競技場は、文化体育観光部(省に相当)で先日、「そのまま韓国代表の練習施設として利用する」案を検討している。現在、鎮川選手村に建設予定のスケート場建設を中止し、代わりに鏡浦スピードスケート競技場を利用するというものだ。しかし、江原道はテーマパーク利用案を主張している。別の撤去対象に挙がっている栗谷ホッケーセンターも、江原道を中心に存続の声が上がっている。檀国大学国際スポーツ学科のカン・シンウク教授は「天文学的な予算が投じられる競技場を、五輪後すぐに壊してしまうよりも五輪の遺産(legacy)として再利用した方が江原道やスポーツ界のために望ましい」と語った。

 アルペンシア・スライディング・センターについては韓国代表練習施設や民間スポーツ体験施設などとしての再利用など、さまざまな意見が出ている。旌善アルペン競技場は原状回復予定の上段部分を除き、下段部分をレジャーに活用する案が検討されている。

 文化体育観光部は、これらのうち鎮川選手村内のスケート場建設に関する鏡浦スピードスケート競技場の存続について、遅くとも5月までに結論を出す方針だ。
(引用ここまで)

 うん、知ってた。
 まず、プレ大会はどこかの施設が間に合わないでしょう。
 で、どこかの施設でなんか壊れたり、大会運営に致命的な事故が起こるんじゃないかと。

 大雨なりなんなりが2週間ていどあったら、それだけで間に合わない計算ですからね。
 ただ、記事中で「大雪があったら工期が延びる……」って心配していますが。
 たぶん、そこは心配しなくても大丈夫なんじゃないかなぁって思います(笑)。

 そして、競技会場がオリンピック開催後にどうなるかというのも、今年の頭に報道されたときからまったく変化なし。
 確定しているのは6カ所中1カ所。もう1カ所は引き取り先は決まっているけど、用途不明(体育施設として使われるってことは決まっているけども、具体的な用途はまだ未定)。

 「識者」は簡単に「使用用途をうまく考えて、取り壊すよりも活用を模索すべき」みたいに言うのですが。
 言うだけだったら誰でもできますよ。
 おまえが維持費を払うわけじゃないだろっていうね。

 個人的にはソリ競技に使われるスライディングセンターと、アルペン競技の大回転・滑降に使われるアルペン競技場がどうなるのか楽しみにしていますよ。
 使用後の用途だけじゃなく、出来映えそのものも含めて。
 どちらも100億円規模の予算が計上されているのですが、さてどうなることやら。