韓日、最後の通貨スワップの満期到来…延長を議論中(中央日報)
日韓通貨交換、100億ドル分の協定延長せず 政府方針(朝日新聞)

韓国と日本が結んだ通貨スワップ契約の満期が今月末に迫っている。

13日、韓国企画財政部と韓国銀行によると、韓日両政府は今月23日に満期を迎える二国間通貨スワップ100億ドルの契約延長について協議をしている。

当局関係者は「韓日通貨スワップの満期がまだ残っていて、延長するかどうかや発表日など関連事項について、両国が持続的に協議している段階だ」とし「遅くとも旧正月連休前に結論が出るだろう」と伝えた。
(引用ここまで)
 日本、韓国が緊急時に通貨を融通しあう「通貨スワップ(交換)協定」で、今月23日に期限を迎える100億ドル(約1兆1850億円)分の協定について 日本政府が延長しない方向で調整していることが分かった。日韓関係の悪化が影響したとみられ、14年間続いた両国のスワップ協定が途絶えることになる。日 本政府は来週にも発表する。

 日韓両国は2001年に初めてスワップ協定を結び、リーマン・ショックや欧州債務(借金)危機のたびに融通枠を拡大。11年には最大の700億ドルまで 増えた。しかし、12年の韓国大統領の竹島上陸を契機に日韓関係が悪化したこともあり、同年は130億ドルまで縮小。13年も30億ドル分の融通枠を延長 せず、現在は100億ドル分だけが残っていた。

 官邸関係者は「日韓で意地の張り合いになり、延長されないことになった」と理由を説明。両国間の冷え込みがさらに強まる可能性もあり、経済や外交面での影響が懸念される。
(引用ここまで)

 最初に「日韓間で通貨スワップ協定について協議されている」っていう一報があっただけでファッビョーンってなってた人も少なからずいたようでしたが、バカみたいなんでやめたほうがいいですよ。
 すでに二国間で存在している政策に関して協議するのは当然のことです。

 で、よくオンラインでいわれているのが……

「日本が通貨スワップ協定を終了させる」
   ↓
「世界の市場が、日本が韓国を見捨てたと思う」
   ↓
「韓国国債5年もの、10年もののCDSが急上昇」
   ↓
「韓国経済崩壊!!!!11」

 みたいな構図ですか。

 ないないない。
 通貨スワップ協定そのものを借金と勘違いしているような人もいるようですねー。

 実際問題、400億ドルの通貨スワップ協定に関して終了を示唆しても、実際に終わっても、米韓通貨スワップ協定が終わっても、市場は大した反応を示していません。
 市場は終わった区分で反応するのではなく、そういう傾向があると報じられた時点で反応するものですし。
 Aという企業が好決算になりそうだという話が出た時点では株価は動きますが、実際にAが好決算を発表しても株価は動かないのですよ。

 今回も大した反応は出ません。
 CMI多国間協定で韓国は153億ドルまでIMFに関与されずに引き出せますし、その他さまざまな国と通貨スワップ協定を結んでいます。
 嫌韓妄想派の皆さんには残念なことでしょうが、市場はそういうところを見ていないのですよね。
 むしろ税収不足での財政の崖に関しての反応のほうがよっぽど激しいと思いますよ。
 韓国経済の弱点はそこじゃないしなぁ……。

EU崩壊(新潮新書)
木村 正人
新潮社
2014-05-23