[社説]外交対立が招いた韓日スワップ打ち切り(東亞日報)
日本は1997年、タイから始まったアジア通貨危機の際、韓国から100億ドルの資金をいきなり撤退させため韓国が通貨危機に追い込まれるのに大きな影響を及ぼした。2008年のグローバル金融危機の直後も、韓国との通貨協力の規模拡大に消極的な姿勢を見せた。韓国と中国が300億ドル規模の通貨スワップ協定の締結を進めると、交渉に積極的な姿勢に転じて、同じ規模の協定を締結した。資金力を武器に、韓国を手なずけしようとする日本の態度は後味が悪いが、それこそ国際的な経済関係の厳しい現実だ。
(引用ここまで・太字引用者)

 右を向いても左を見ても、全方位でバカばっかりか。
 実際にはどうだったのかとか、調べるつもりがまったくなし。
 自分のところの国会答弁すら見ない。というか、それ以前にどうであったのかに興味がないのですよね。

 かつ、前回も書いたように「日本人が韓国の通貨危機を引き起こした」というストーリーは韓国において受け入れられやすいものなのですよね。
 思考停止して「あれもこれも日本のせい。あっちもこっちも日本が盗んだ」って呪文を唱えていれば楽になれるのですから、近代的な思考が身につかないのも当然といえば当然ですかね。
 呪文というよりは呪詛ですかね。