「目下の日本」からドルは借りない 〜 韓国は「反日」から「卑日」国家へ(日経ビジネスオンライン)
鈴置:ええ、そうです。まず、21世紀に入った頃から、韓国人は自己肯定的になりました。あの、自己への憐憫と卑下が日常的だった韓国人が、がらりと変わったのです。以下は、この時期にソウルに留学していた日本人の話です。

 ある日突然、韓国の友人から前後の脈絡とは関係なしに「もう、日本など怖くないからな」と言われたのだそうです。「韓国は強い国になった。なめるなよ」というわけです。

 1997年の通貨危機を乗り切ったうえ、サムスン電子や現代自動車の快進撃が始まった。日韓が共催した2002年のワールドカップで4位になったこともあったのでしょう。

 2010年前後から、こうした自信が「日本に対する上から目線」に昇華しました。同年の尖閣諸島での中国漁船衝突事件で、当時の菅直人政権は狼狽したあげく、中国の圧力に屈したのです。

 2010年は中国のGDPが日本のそれを追い抜いた年でもあります。韓国人は「日の出の中国」と対比して「経済的にも政治的にも没落する日本」を見限ったのです。

 2011年に東日本大震災が起きました。被災者救済にしろ、原発事故にしろ、またまた菅直人政権は無能ぶりを見せつけました。韓国人でなくとも「日本は大丈夫かな」と思ったことでしょう。

 印象的だったのは、中央日報が震災翌日の3月12日の1面トップに付けた見出し――「日本沈没」です。「やった! 日本がついに落ちていく」と快哉を叫ぶ韓国人の心境を、見事に言い表していました。 (中略)

――しかし日本は韓国の家来ではありません。なぜ、韓国はオーナーの娘が乗務員に対するように、日本を叱り飛ばすのでしょうか。

鈴置:長い間、韓国人が下から日本を見上げていたからです。「日本よりも上に立った」ことを実感するためには、日本を貶めることが必要なのです。

 だから、李明博(イ・ミョンバク)大統領は竹島に上陸して見せた。さらには「日王(天皇)は謝りに来い」「日本は力を失った。もう怖くない」との趣旨の発言を繰り返したのです。

 「慰安婦」に関し朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が日本の悪口を世界中で言って歩くのも、この心情からと思います。韓国は日本よりも上の国である。だから遠慮せずに悪口を言えるのだ――と韓国人、さらには世界に示すのが目的です。

 指導者だけではありません。在米韓国人が慰安婦の像を立てる。あるいは外国に留学した韓国の学生がクラスメートに日本の悪行を言いたてる――。「日本よりも上の韓国」を世界に印象付けるために、普通の人が日本への誹謗中傷に全力をあげるのです。

 私が韓国人の異様な行動を「上から目線の卑日」と呼ぶのはまさにこのためです。これまでの「下から目線の反日」とは明らかに動機が異なるのです。
(引用ここまで)
 日経ビジネスオンラインでおなじみの鈴置氏のコラム。

 この「目下の日本」も、そしてかつての「目上の日本」も、韓国人の脳内だけにある「韓国人の日本」なのですよね。
 うちもできるだけ客観的に報じようとは思っていますが、どうしても「日本人の韓国」になってしまうところはあります。確実に。
 でも、「韓国人の中にある日本」というのは、そういうものとはちょっと違っているのです。

 彼らの脳内にだけ存在している日本人に対して、恨(ハン)やら怒りやらをぶつけてきているので、質が悪いのですよ。
 いわゆる従軍慰安婦問題もそうですね。
 「日本はキムチを奪おうとした!」っていうのもそれ。KIMCHIって発音にこだわる輩がいるのもそれが原因。
 ここ数日で何度か書いた「日本が韓国を通貨危機に追いやった主犯」っていうのも同じパターンです。

 そんな日本人は彼らの脳内にしか存在しないので、こっちになにか対処しろとか言われても困るのですよね。
 彼らの脳内では日本人は悪辣で世界中から嫌われている存在。でも、序列は先に西欧化を果たした日本が上だったので、苦渋の日々が続いていたのです。あ、韓国人にとってです。

 韓国人の中では「日本人は悪辣」なので、さまざまなランキングで信頼度が高かったりすると「世界が間違っている!」だの「日本の本性を知っているのは韓国人だけだ」みたいな話になるのですね。

 つきあいきれない、というのが実際です。
 楽韓Webで「もう日本人は韓国人に対応することに疲れ果てた」という話をしています。
 それは外の世界を客観視できずに自分の脳内にだけ存在する日本人なのに、それを現実として日本に対応しているからなのですね。
 これまでそんな韓国に対して日本はおみそ(おまめ、あぶらっこ等)的な扱いをしていたのですが、もう疲れ果てたのです。

 そんな輩に対するまともな対応とはなにか。
 無視です。安倍政権の対韓国外交はうまいことやっていると思いますね。