低賃金労働者の比率、韓国はOECD2番目…賃金不平等3番目(中央日報)
韓国は経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち2番目に低賃金労働者の比率が高いことが分かった。労働者の賃金不平等レベルも3番目に高かった。
(引用ここまで)

 え、OECDで韓国よりも低賃金労働者が多い国ってどこだよ……って思ったら。
経済社会発展労使政委員会が最近公開した2014の賃金報告書によると、2012年を基準に韓国労働者のうち中位賃金の3分の2未満を受ける低賃金労働者の比率は25.1%と把握された。これはOECD平均の16.3%を大きく上回り、米国(25.3%)の次に高い。そのほか、アイルランド(21.85%)、カナダ(21.7%)、英国(20.5%)が高かった。日本は14.3%、豪州は18.9%、ドイツは18.3%。

賃金不平等の程度を表す賃金10分位倍率は韓国がOECD加盟国のうち3番目に高かった。2001年は8番目(4.09)だった。賃金下位10%の労働者と上位10%の労働者の賃金比率を表す賃金10分位倍率は、2012年を基準に韓国は4.71。米国(5.22)、イスラエル(4.91)が韓国よりも高い。
(引用ここまで)

 安定と栄光のアメリカでした。
 そりゃそうか。
 っていうか、低賃金労働者の割合がアメリカとほぼ同レベルって……。

 その次の段落の10分位倍率は賃金格差を表しています。
 韓国ではいわゆる「上下葛藤」ですね。以前にも10分位の所得比率は発表されていましたが。

 アメリカ並の不平等を放置。
 教育費は死ぬほどかかる。
 それなのに大学を卒業しても就職率は非正規労働を含めても50%。
 就職できても40代で肩たたき。
 福祉充実度は日本以下。
 高齢層の自殺率が世界ダントツ1位。

 これで閉塞感が拡がらなかったらおかしいですわ。
 あ、それでもなんか購買力平価のひとりあたりGDPで日本を追い抜くんでしたっけ?
 おめでとうございます。