米高官 地域の安定には日中韓の協力が必要(NHK)
<米国務次官「過去の歴史はカバーに行こう」...韓・中・日に決心を促す>(聯合ニュース/朝鮮語)

アメリカのシャーマン国務次官は27日、ワシントン市内で行った講演で、歴史認識が原因で日中韓3か国の協力が妨げられているとしたうえで、「理解できるが、失望することもある」と述べました。

そして、「愛国的な感情が政治的に利用されている。指導者にとって、かつての敵をあしざまに言うことで国民の歓心を買うことは簡単だが、こうした挑発は機能停止を招くだけで進歩はない」と述べ、歴史認識の問題には慎重な対応が必要だとの考えを示しました。
(引用ここまで)
彼女はまず、「民族感情はまだ利用することができ、政治指導者が過去の敵を非難することで安価な拍手を得ることは簡単なことだ」とし「しかし、このような挑発ではなにも進展せずに、麻痺をもたらす」と批判した。これは、「過去の歴史挑発」を初めて触発した日本ではなく韓国と中国がこれを利用して、国内政治に利用している点を指摘したものであり、議論の余地がある。
(引用ここまで)

 ちょうどシンシアリーさんも書いていますが、「議論の余地」があるって、どこにあるんでしょうかね。
 この場合の正しい言葉の使いかたは「議論の余地がある」のではなく、「都合が悪い」でしょう。

 歴史問題を持ちこむことで外交をぐだぐだにしているのはどう見ても中国・韓国の手法で、アメリカ側もその手段にいらつきを覚えている。
 そのいらつきを現しているのが、この記者会見を開いたのが3月1日、韓国でいうところの3・1節の直前であったというところ。
 韓国の建国神話の根本を為している独立運動記念日に、わざわざこんな話をしたのですよね。それも国務省の序列ナンバー3の高官が。
 もちろん、これには強烈な意図があるでしょうね。

 日本側は「前提条件なしならいつでもどうぞ」と言っている状態なのに、レキシニンシキガー、イアンフガーと唱え続けてその他の外交課題も1ミリも前進しない。
 日本にとってはそれでもかまわないのですが、日米・米韓と軍事同盟を組んでいるアメリカにとっては対中戦略が定まらないことは致命的。
 ついでにいえば、このシャーマン国務次官は北朝鮮問題に関しても詳しい……というか、オバマ政権で北朝鮮政策調整官という立場にいた人であるので、対北朝鮮対策がまとまらないことに関しても困っているのでしょう。

 東アジア状勢に詳しければ詳しいほど、「おまえらそろそろいい加減にしろよ……」とならざるをえないわけで。
 ま、日本としてはそうやって中韓が声を揃えて「レキシニンシキガー」と言っているだけで、得点を挙げられるという謎のボーナスタイムだったりするのですよね。

 米「北朝鮮の核問題は東アジアにおける喫緊の課題だ」
 韓「レキシニンシキガー」
 中「レキシニンシキガー」
 日「重要な課題として取り扱いたい。六カ国協議の早期再開を求める」

 ……コントだな。
 それも鉄板気味の。

エレ片コントライブ 〜コントの人5〜 [DVD]
エレ片
ポニーキャニオン
2012-03-07