「人民元圏で生きる決意」を固めた韓国(日経ビジネスオンライン)
――今後、韓国が金融面で困った時に日本は助けないのですか?

真田:容易には助けないと思います。日本の金融界には「恩を仇で返された」との思いが強いからです。韓国人は、あるいは韓国メディアは「1997年の通貨危機は日本のために起きた」と主張します。

 でも、それは全くの誤りです。あの時は、欧米の金融機関が韓国から撤収する中、最後まで邦銀がドルを貸し続けたのです。韓国の歴史認識は完全に誤っています。

鈴置:当時、真田先生は東京三菱銀行で韓国を担当しておられました。私も日経新聞のデスクとしてアジアをカバーしていました。

 あの頃は、韓国人の中でも分かった人は「日本は最後まで面倒を見てくれた」と語っていました。1998年と思いますが、危機の原因を追及した韓国国会でも、それを前提にした質問があったそうです。

 でも今やそんなことを語る人はいない。韓国では日本が悪者でなければならないからです。当時をよく知るはずの記者も「日本の貸しはがしが危機の引き金となった」と書きます。

真田:米欧が貸しはがす中、我々は最後まで引かなかった。「日本が引き金になった」とは言いがかりも甚だしい。これだけは記録に留めていただきたい。邦銀の担当者は本店を説得し、欧米が逃げた後も最後まで韓国にドルをつないだのです。

 韓国が国際通貨基金(IMF)に救済を申請した後でも、KDB(韓国産業銀行)とIBK(中小企業銀行)へは日本輸出入銀行がドルを融資しました。我々、邦銀の韓国担当者が走り回った結果です。

 それなのに「我が国の通貨危機は日本が起こした」と世界で吹聴する韓国。そんな国を助ける気になるでしょうか? (中略)

真田:少々の外貨準備では防波堤になりません。ロシアだって韓国以上の外貨準備を持っていましたが2014年、通貨ルーブルは価値が半値になるまで売り込まれたのです。

 投機をする側にとって中途半端な外貨準備は、売り浴びせたローカル通貨を買い取ってくれる宝の山にしか見えないのです。

 基本的な問題は韓国がまだドル不足の国であり、ホットマネーが大量に入り込んでいることです。何らかの拍子にこれが一気に流れ出る懸念が常にあるのです。

 ギリシャ危機はとりあえず遠のきましたが、いつ再発するか分かりません。米国の金融緩和もいずれ終了します。それが韓国にとって、そして北東アジアにとって大きな節目になるかもしれません。

 本当は、今こそ日韓は協力すべきなのです。日本にとって韓国はけしからん国になりました。でも、ケンカをしても得にはなりません。韓国だって同じことです。極東の安定のためには日韓がいい関係を維持する必要があります。

 ただ、こうは言っても日韓関係が良くなることはまず、ないでしょうね。韓国人は本質的に日本が嫌いなのですから。
(引用ここまで)

 最後の文章は印象的ですね。
 本来であれば経済規模的にいっても韓国にとっては日本と一緒に防波堤を築くほうが効率的なのです。
 どう考えたってそう。

 でも、常にウソをつく。
 IMF管理下に置かれたのは日本のせいだと三大紙のレベルでウソをつく。朝鮮日報も、東亞日報も。
 朝鮮日報なんて「決定打となった分析もある」なんていう言いかたですからね。より悪質度が高い。
 この書き方であれば、もしかしたら真実を知っているのかもしれません。
 でも、平然とウソをつく。

 国内向けであれば「自分たちの力が足りなかったわけではない。日本が悪いんだ」っていうガス抜きになるのでしょうね。
 でも、その嘘を根拠に怨嗟の声の対象となっているのは日本なわけで。

 そんな連中をわざわざ救おうとするのかって話です。
 投資金額の回収な理由で救済したかったとしても、大義がないのですよね。もはや。
 救ったところで嘘をつく。救わなかったら救わなかったで文句をいう。

 どっちがマシかっていったら救わずにスルー。
 少なくとも文句をつけられるのは本当のことですし(笑)。
 日本人は韓国人と一緒になにかをやる、ということを希望していないのですよ。一緒になにかをやることが無理であることを、大半の日本人が思いしったというべきかな。